Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神戸港沖堤のタチウオと大アジ 

この夏、今までのところ神戸港のタチウオはイマイチですねー。
沖に出ると、ちょっとはマシかも?・・ってことで、久しぶりに神戸港の沖堤に上がってきました。

スタートフィッシングは、AM4:30。
真っ暗な中、まずは様子見のため定番のマナティーのワインドから。
うーん、反応なし。

では、マナティーから匠魚にチェンジして、ダートスピードを落としてヤンワリしゃくって来ると、
足元10m位のポイントで、ドン!
a0155525_2123229.jpg


この時期にしてはグッドサイズの95cm。
a0155525_21242084.jpg


そうこうしている内に、夜も明け始めてくると、目の前の海がイワシのボイルでえらいことになってきました。

ルアーをZZ-STAPにチェンジして、表層をリフト&フォールしてみると、ゴツンという当たり。
結構走ります。
抜き上げてみると、ツバス?いや、ツバスサイズの大アジでした。
a0155525_21245482.jpg


ボイルの正体は、この子たちのようです。
サイズを測ってみると、36cm。
アジもこれくらいのサイズになると、立派な青物ですね。
a0155525_21254976.jpg


ただ、ワームのアジングと同じで、当たりは頻繁に出るものの、なかなかフッキングしてくれません。
結局、3匹ゲットでボイル終了~。

でも、サイズが良いので、満足。

折角のグッドサイズなので、1匹はお刺身用にするため神経〆。
a0155525_21271835.jpg

まずは、眉間の間のちょっと柔らかいところが急所なので、ここにブスっと穴を開けます。(あいたたた・・)

そして、その穴から背骨に沿って針金を尻尾まで通すと、神経〆は完了。
a0155525_21311435.jpg

この状態で血抜きすると、より美味しいお刺身がいただけます。


そんなことをしていたら、4~5人向こうのお兄さんのロッドが大きく曲がっています。
しばらく見ていても、ドラグが出まくって、全然上がって来る気配なし。
ロッドのティップを叩いているので、青物には違いない。

さて、このお兄さん、シーバスロッドでメジロらしき獲物を掛けちゃったので、
堤防の上を右に左に引っ張られながら、格闘すること約40分!

そして上がってきたのは、メジロサイズを遥かに超えたブリ!
この夏、神戸港でパラパラとブリが上がっているのは聞いていましたが、目の前で見るのは初めてです。

ようやく水面に浮かせて、タモを入れたら、余りの重さにタモの柄が、バキっと折れてしまいました。(驚)
で、ようやくランディングに成功して、測ってみると90cm・7kgオーバーの超立派なブリ君でした。
a0155525_21365873.jpg


みんなでブリとのファイトを応援して、堤防中が大盛り上がりで、むっちゃ楽しかったです。

さあ、これでテンションマックス!
来週も出撃しようかなー。(笑)


そして、今晩のメニューは、ますはこれ。
アジのタタキ。
a0155525_21401621.jpg

肉厚で脂の乗った身に、おろし生姜のピリッとした風味が最高!

残りは、梅干を入れた甘辛味の煮付けにしました。
a0155525_2140513.jpg

今まで、あまりアジの煮付けはしなかったのですが、これくらいボリュームのある身だとホクホク感がたまりませんです。

明日は、タチウオをハーブを効かせたムニエルにして、パスタ料理にしようと思います。

こりゃやっぱ、来週も行くしかないね!
[PR]
by sueji99 | 2014-08-30 21:49 | Fishing

空飛ぶワンコ

昔は、ヘリコプターやセスナ機を飛ばさなければ撮れなかった空撮映像が、
マルチコプター(プロペラが複数枚あるラジコンのヘリコプター)にGoProを付けて、
簡単に撮影できるようになりました。
a0155525_2391870.jpg


例えば、こんな感じ・・


風の影響や旋回の操作などで、マルチコプターの機体が傾いても映像ブレないのは、
GoPro本体をホールドする2軸(もしくは3軸)ブラシレスジンバルが働いているから。
a0155525_2323314.jpg

ジンバルの話を書きだすと長くなっちゃうので簡単に言うと、GoPro本体をホールドするケージに取り付けられた複数のモーターがカメラの傾きを瞬時に補正して、常にGoProが決められた方向を向くようにしてくれるキカイです。


ただ、マルチコプターを正しく安全に飛ばすには、熟練した操作がいりますよね。
あと、一番の問題は、マルチコプターを操作している人はライダーとして映らないということ・・(笑)


そこで!今、このAirDogに大注目。
a0155525_2335317.jpg


見かけは、GoProを積んだマルチコプターですが、一番のポイントは腕時計タイプのコントローラー↓を
手首に付けて走ると、ライダーを常にカメラフレーム内に捉えながら自動追尾してくれるんです!!
a0155525_23121461.jpg


離陸も着陸も自動で行い、撮影する高度やアングルも設定できて、バッテリーが無くなりそうになると、自分で離陸したポイントまで帰っていくらしい!

この「空飛ぶワンコ」、カシコスギル。


折りたたむと、こんなにコンパクトになるそうな。
a0155525_23214850.jpg


実際、日本では河川法や公園法などの規制があって、マルチコプターを飛ばせる場所が少ないようなので、これをモンゴルの草原に持っていって、ツーリングシーンを空撮できれば楽しいだろうなーと、空想してみる
今日この頃です。
a0155525_232977.jpg

ああ、こりゃまだ、モンゴル病が継続中だな。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2014-08-21 23:30 | 気になるMONO

モンゴルツーリング用ポケットリグ

今回のモンゴルツーリングは、撮影機材も含めて20kg以内に荷物をまとめなければならなかったので、
リグ関係も極力コンパクトで、軽いものにする必要がありました。

そのために、トルコのedelkroneというメーカーの機材を2つ持っていきました。

ひとつは、以前ご紹介したこのスライダー
a0155525_15422012.jpg

                            SliderPLUS V2 Small

そして、もうひとつがコレ。「ポケットリグ」
a0155525_15452454.jpg


一眼ムービーを撮影する際に、手持ちでのブレを極力抑えるためのスタビライザーです。

素材はしっかりしたアルミ&ステンレス製なので、見た目よりもずっしりとした質感ですが、重量は595g。

使い方は、合体ロボ的な面白さがあって、
まず、フォローフォーカスなどを取り付けるアームが、折りたたまれて収納されているので、それを伸ばします。
a0155525_1556119.jpg

a0155525_15561125.jpg

a0155525_15561929.jpg


続いて、カメラを肩に押し当てて固定するアームを伸ばします。
a0155525_15574237.jpg

a0155525_15575143.jpg

a0155525_15583100.jpg

このアームは長さと、角度が調節できます。

さて、これにカメラを着脱しやすいように、いつものVelbonのクイックシューを取り付け、
カメラとフォローフォーカスをセットするとこんな感じ。
a0155525_1633491.jpg


どうです?今まで使っていたユニバーサルホルダー↓に比べて、このコンパクトさ。
a0155525_1664669.jpg

カメラの安定感と、構えた時の自由度も、ポケットリグに軍配があがります。

ただ、今回のモンゴルツーリングは、たくさんのライダーと行動を共にするので、
カメラのセッティングに極力時間を掛けずに、ウエストバッグからサッとカメラを取り出して、パッと撮影を始めたいなー、と。

そうするためには、まだちょっとボリューミーなんですよね。
a0155525_16105692.jpg


と、いうことで、今回はコンパクトな収納を最優先にして、フォローフォーカスの装着を諦めることにしました。
そうなると、フォローフォーカス用のロッドが必要なくなるわけでして・・・

で、よく見ると、折りたたんだロッドを収納している下部ケースは、3本のヘキサゴンボルトで固定されているだけなので、試しにはずしてみると、簡単に2つに分解できました。
a0155525_16175140.jpg


そして、ロッドケースを取り外して、カメラをセットしたのがコチラ。
どうですか?このコンパクトさ!
a0155525_16184974.jpg

a0155525_161901.jpg


これで、スタビライザーを付けたまま、ウエストバッグにカメラを収納することが可能になり、
サッとアームを伸ばして、液晶ビューファインダーをカパッと付ければ、即手持ち撮影に入れるようになりました。

これ、マジで使い易いです。
導入、大正解でした。
[PR]
by sueji99 | 2014-08-16 16:28 | Movie

モンゴルツーリング・ムービー ~KHENTEE FLOWER TRECK 2014~

この夏旅して来た、モンゴルのツーリングムービーが完成しました。

スピードを競うでもなく、バイク自慢をするでもなく、グルメだ温泉だと贅沢を求めるわけでもない非日常的なこのツーリング。

初めて出会った見知らぬライダー同士が、まったりしながら、笑顔で語り、時に助け合い、同じ空を眺め、同じ花に酔い、同じ星を見上げたあの空気感を表現できたら・・という想いで作ってみました。



あー、またあのどこまでも続く花畑の中を走りたくなってきた。

モンゴルの旅は、帰って来てからもずっと心の中で続いている・・・ってのは、ホントだな。
[PR]
by sueji99 | 2014-08-10 00:36 | Bike