Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フォローフォーカス導入

この前うちに来た「SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM」がとても良い感じです。

開放F値1.4の世界を楽しんでいます。
浅い被写界深度をより活かしてくれるのが、このレンズのフォーカスリングのストロークの長さです。

このレンズも、デジタル専用オートフォーカスレンズなのですが、
手持ちのCanon純正のEFレンズに比べて、マニュアルフォーカスにした場合、
フォーカスリングの動きがスムーズで、ストロークがとても長いので、
微妙なピント送りがとても心地いいんです。

んな訳で、このピント送りをより的確&スムーズに行うために
前々から欲しかった「フォローフォーカス」をついに導入しました。


今までのムービー撮影では、EOSの液晶モニターに取り付けたビューファインダーを覗きながら、
レンズのピントリングを回していましたが、
フォーカスリングのストロークが短いレンズでは、微妙なピント送りが難しく
直接フォーカスリングを操作するため、望遠レンズではカメラ振れを起こしてしまうことがよくありました。

そんな問題を解決すべく、
うちにやって来たのが、「エーディテクノ ギアレスフォローフォーカスキット SS-001

本格的なムービー撮影の場合、キャメラマンとは別にフォーカス担当のアシスタント君が、
フォローフォーカスを回してピント送りをするんですが、ワンマンオペレーションの趣味の撮影では
望むべくもない訳でして…


フォローフォーカスのしくみは、レンズのフォーカスリングに「リングギア」を取り付けて、
フォローフォーカス本体のギアと、リングギアを噛み合わせることでピントリングを回します。

                            <参考写真>
a0155525_152334.jpg
                 

今まで導入をためらっていたのは、フォローフォーカスをセットすると、レンズ交換をするたびに
いちいちリングギアを付け替えなければならないのが、面倒臭いなーと思っていました。
(リングギアの交換も、アシスタント君がやってくれる人にはカンケーないんでしょうが)

この面倒臭さを解決してくれるのが、
今回導入した、「エーディテクノ ギアレスフォローフォーカスキット SS-001」です。
a0155525_1422167.jpg


カメラをセットするとこんな感じ。
a0155525_14201937.jpg


このフォローフォーカスの、フォーカスダイヤルには「ギア」ではなく
「ゴム成型のリング」がついていて、このゴムリングをレンズのフォーカスリングに密着させて
回す仕組みになっています。
a0155525_14205940.jpg


はじめてフォローフォーカスを使ってみた感想ですが、
「なんでもっと早く導入しなかったんだろう」っていう感じです。

ピントリングに密着させたゴム成型リングは、すべったり空回りすることもなく
安定してピントを送ってくれます。

大きなフォローフォーカスダイアルなので、フォーカスリングのストロークの長い
SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMも、大きくぼかした絵からジャストピントまで一気にもってこれます。

また逆に、フォーカスリングのストロークが短く、リング回転の粘りにクセのあるレンズでも
スムーズに微妙なピント送りが可能です。


これで、三脚に固定した撮影はもちろんのこと、
ユニバーサルホルダーにセットした手持ち撮影でも、スムーズにピント送りができるようになりました。

ちなみにユニバーサルホルダーにセットするとこんな感じ。
a0155525_14325873.jpg


これだと大げさなショルダーサポートリグに比べて、圧倒的にコンパクトに収納できるので
キャンプ道具と一緒にバイクに積んでも問題なしです。

早く実践投入したいものです。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2013-02-22 15:07 | Movie

NEW レンズ

EOS用のレンズを1本新調してみました。(笑)
a0155525_15572681.jpg

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM です。

このレンズは、人気ブログで何冊も本としても出版されている「ダカフェ日記」の写真に使われて、
「ダカフェレンズ」とも呼ばれている有名なレンズのようです。

手持ちで一番明るいレンズがF1.8なので、その上をいく手頃なF1.4が欲しくて狙っていました。
どうやら近々モデルチェンジするらしく、今まで5万円近くしていたのが半値近くに下がったので、
思い切って買ってみました。

焦点距離が30mmなので、EOS Kiss X5に装着すると、35mm換算で48mm。
いわゆる標準レンズです。

これまで、SIGMA製レンズは、
大口径標準ズーム 17-50mm F2.8 EX DC HSMと、
広角ズーム 10-20mm F3.5 EX DC HSM を愛用しているので
このレンズで、3本目となります。
a0155525_1691940.jpg

短焦点とは言え、大口径レンズなので重量は400g。

先の大口径ズームレンズに比べると、全然マシですが、
軽いボディのEOS Kissに装着すると、ズッシリとしたした存在感があります。
ただ、バランス的には悪くない感じ。

で、ちょっと試し撮り。
a0155525_16261945.jpg

F1.4の絞り開放です。

さすがに、フォーカスはピンポイントなので、しっかり狙わないとピンボケ写真を量産しそう…(笑)
それと、最短撮影距離が40cmなので、マクロ的に近寄れないのが残念です。

背景のボケ足は十分なので、スティル撮影ではF1.8~2程度に絞って使うのが無難な感じ。

自分的には、この極端に浅い被写界深度を活かした一眼ムービに使って行きたいので、
マニュアルフォーカスでピント送りするには、とても楽しいレンズです。

絞りをあけて動画を撮る為に、62mm→77mmのステップアップリングを買って、
可変式NDフィルターを装着できるようにします。

早くムービー撮影に投入したいものです。
[PR]
by sueji99 | 2013-02-17 16:46 | Movie

忘れ去られたモノ

バイクの楽しみ方は、様々だと思います。

自分は、バイクに乗るのが楽しいのはもちろん、
バイクの写真を撮ることが、とても楽しい人間です。

写真を主に撮っている頃は、被写体として、綺麗な風景の中にあるバイクが好きでした。
最近、ムービーを主に撮るようになってからは、一般的に綺麗ではないものと一緒にあるバイクもいいなと
思えるようになってきました。

今回のムービーは、兵庫県の姫路駅のすぐそばに残されているモノレールの遺構が主役です。

姫路の街の中心部に、かつてその上をモノレールが走っていたコンクリートの支柱が点在しているので、
本来なら目立つはずなのですが、まるでそこには何もないかのように、完全に人々から忘れられた存在と
なっていて、かなり悲しげな風景です。

コンクリートは朽ちかけて、レールやボルトは錆びつき、蔦や雑草が絡みついた姿は、
決して綺麗ではないけれど、夕暮れ時にシルエットになって浮かび上がると、
その一瞬だけ、そこにあることが感じられます。

でも、直ぐに訪れる夜の闇に紛れてしまうゴーストのような存在。

そこにあるにも関わらず、完全に人々の記憶から消え去ってしまっているモノにスポットをあてて、
古くても大切に使われ、乗り手から愛されているバイクと対比することで、
勝手な人間の所業を考えてみました。

そんな気持ちが少しでも伝わるように、まだまだ勉強中のカラーグレーディングソフトで
映像の色調を表現してみましたが、これがなかなか難しい…(笑)

よかったら、見てみてください。


[PR]
by sueji99 | 2013-02-07 22:03 | Movie

明石メバル調査

あっーーーーーーーという間に、2月になってるやん?

って、ことで、そろそろあそこのメバル君は、どんな感じかな?と調査してきました。

19:30頃、港に到着。

明石海峡大橋のイルミネーションが綺麗に見えます。
(写真にはちゃんと写ってないけどね)
a0155525_17264236.jpg


本日は、19:42が干潮潮止まりなので、これから上げ潮を釣っていく感じ。

なんでも今日の東京は、21℃もあったらしい。
こちらも、2月のこの時期にはないポカポカ陽気で、港内にはたくさんのメバラーさんがいます。

それを脇目で見ながらに、こちらは外海側のベランダへ。

こちらは、ほぼ貸切状態。(笑)
釣れてないのかな?

長いベランダを少しづつ移動しながら、キャスティングしていきます。


潮が効いてきた21:00頃に、ようやくヒット!

19cmほどの元気なメバル、一匹目。
a0155525_16363529.jpg


ヒットルアーは、オンスタックル・マゴバチ・チャート/シルバーラメ。
このポイントの確釣カラーです。
(っていうか、このカラーしか釣れない?)

タックルは、ソリッドティップロッドに、1000番クラスのローギアリール。
1lbのフロロに、1gのジグヘッドっていうコンビネーション。

このヒットポイントのちょっと先で、2匹目捕獲。
a0155525_16385021.jpg


でも、あれですね、この長いベランダはどこも一緒に見えるのに、
何故か、ヒットするポイントは毎回決まっていて、
今日も、そのポイント周辺で6バイト&4キャッチっていう結果でした。
(このポイント以外では、ノーバイト)
a0155525_16391327.jpg



やっぱり、メバル君たちにとって、居心地が良く捕食しやすい場所ってのがあるんでしょうね。

そのポイントをいかに多く見つけられるか?が、メバリングのキモなんだと思います。


今日の調査結果は?

まだまだ、バイト数は少なく本格的なシーズンインとは言えないまでも、ポイント限定のヒットあり。
これからやってくるイカナゴシーズンが楽しみです。
[PR]
by sueji99 | 2013-02-03 17:32 | Fishing