Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サバゲー ~スーパー・ライト・ショア・ジギング~

今、神戸港に、小サバの大群が入っているようです。

そんな情報に反応して、ライトタックルをバイクに積んで、ちょこっとサバゲームの調査に行ってきました。

15:00頃に港に着くと、情報通りサビキで20~25cm位の小サバが結構釣れています。

サビキのオキアミについている魚は、なかなかルアーに反応してくれないので、ちょっと不安ですが。



ターゲットが、チビなので、タックルもスーパーライトなセッティングで。

・ロッドは、メバル用のチューブラーティップの8.3フィート
・リールは、2000番クラスでPE0.3号のメインラインの先に、0.8号のフロロカーボンリーダー
・ルアーは、3gの極小ジグと、同じく極小バイブレーション

a0155525_1494873.jpg

(マッチ棒と比べると、ルアーのサイズが分かりやすいですね。)

まあ、ご存知の方にはすぐ分かると思いますが、メバリング用のジグタックルそのまんまです。(笑)



さて、ささっとセッティングを済ませ、両隣のサビキ釣りのファミリーが、ぽんぽん小サバを釣り上げるのを
ちょっと悔しい思いで無視しながら、チビルアーをキャスト、キャスト。

釣り方は、フルキャストして一度底を取って、軽く2~3回しゃくってカーブフォール。
この繰り返しです。


ちょっと日が落ちてきた16:30頃に、「あれ?ゴミでも引っ掛けたかな?」と思って寄せて来たら、
生命反応あり。
でも、サバにしては暴れないなー?


バイブレーションに食いついてきたのは、マイクロサイズのタチウオでした。
今期初のタチウオは、長さ:30cm未満、幅:指1本でした。(笑)
a0155525_14202140.jpg

もちろん、そっこーでお帰りいただきましたよ。

そして、ようやくサバのアタリ。
長めにフォールを入れて、しゃくり始めるタイミングでした。

メバリングロッドで寄せて来ると、プルプル・プルプルしながら左右に走り回るので、
サイズのわりには、いっちょまえの青物をヒットさせた感触で楽しいです。
a0155525_14235312.jpg

25cmくらいのサバでした。
(これは、食っちゃおー)

そこから、ぽつぽつとサバがジグに反応し出すと、回りのサビキには余り反応しなくなるのが不思議。


ジグのフォール中に、「コツっ」とアタリが出ると、小アジのヒットです。
アジもジグに反応するんですね。
まあ、アジも一応青物だからね。
でも、自分の体の半分くらいの大きさの餌って…?
a0155525_1427186.jpg


そうこうしていると、目の前にクジラが泳いで来た?かと、みんなびっくりしたら、潜水艦でした。(笑)
a0155525_1443269.jpg

この港の奥に川崎重工のドッグがあるので、メンテナンスしに来たのでしょうか?

小さな魚と、大きな潜水艦が見れた、のんびりとした休日でした。




で、小サバの食べ方ですが、
脂の乗りは、まだまだなので、味噌煮や、塩焼きではちょっともの足らないかも?

ってことで、今回は三枚におろして塩コショウして、
小麦粉ををまぶして、卵にくぐらせて、パン粉をつけて、
フライパンにオリーブオイルを少量入れて、揚げ焼きにしてみました。
サックサクの食感で、アジフライとは違うサバの風味があって、めちゃ旨でした。

ウスターソースにマヨネーズを混ぜて、乾燥バジルをパラパラとトッピングすると、トレビア~ン!
(一瞬で食ってしまったので、画像なしです…)

また、行こうっと。
[PR]
by sueji99 | 2012-06-24 22:01 | Fishing

スルメイカづくり

昨日たくさん釣れたスルメイカは、ご近所にお配りしたり、刺身等で美味しくいただきましたが、
それでも食べきれない分は、一夜干しにしてみました。

作り方は簡単で、イカを開いて、塩水に数時間漬け込んで、キッチンペーパーで水分を拭き取って
釣具屋さんで売っている「干物つくり網」に広げて並べて、風通しの良い日陰に一日吊っておくだけ。

んで、完成したスルメイカの一夜干しが、こちら。
a0155525_2182296.jpg


生のイカそうめんとも、生の塩焼きとも違う、旨みがと塩気が凝縮されたウマウマの半生スルメ。

「肴は炙った烏賊でいい~♪」なんて鼻歌を歌いながら、美味しくいただきました。(笑)



釣り人の特権です。
うふふ
[PR]
by sueji99 | 2012-06-11 21:14 | Fishing

神戸港スルメ

今年もこの時期の神戸港の風物詩・スルメイカを釣りに、久しぶりに武庫川一文字に渡ってきました。

ここは、兵庫県の武庫川河口にある渡船場から海上を10分程南に行った沖堤防です。

毎年、このシーズンのスルメイカと、秋のタチウオでフィーバーする釣り場ですが、今朝も凄かった。

通常、一番船はAM5:00出発ですが、フィーバー時期はお客さんが多いので、
定時前でも、船が満員になれば早く出船してしまいます。

なので、AM4:30に船着場にいれば一番船に乗れるだろう?と思って行きましたが、甘かったです。

この時点で、すでに一番船は出港していて、二番船にも危うく乗り損ねるところでした。

一番船に乗れないと、「2番」や「6番」の人気のポイントは難しいので、今まであまり上がったのことのない
「4番」に釣り座を決めました。

ただ、今日はあまり場所による釣りムラは無かったようで、AM5:00のスタート直後から、コンスタントに
アタリが出ます。

釣れているサイズが、胴長8cm~15cm程のチビサイズ(刺身には、このサイズが旨い!)なので、
串仕掛けのシングルに、浮きは2号。
餌は、もちろんキビナゴで。
a0155525_2263524.jpg


この軽い仕掛けによって、浮きがスパっと消し込んでくれるので、とても気持ちが良いです。

活性が高いので、ひとつの串に仲良くwヒットの場面も!
a0155525_228166.jpg


10時頃にアタリが無くなったので、串仕掛けからテーラー仕掛けにチェンジすると、
またバンバンあたってきます。
a0155525_2293016.jpg


そして、なんか変なアタリ方やなー?と思って合わせてみると、小さなサバも食ってきました。(笑)
a0155525_2210827.jpg


ようやく青空が顔を出した正午には、ワンキャスト&ワンヒットの爆釣モードに突入して
数を増やすことができました。
今まで、こんな真昼間に入れ食いを経験したことは無かったかも。
a0155525_2212270.jpg



渡船場で買った、250円の餌のキビナゴが無くなったので、お昼過ぎの船で陸に戻りましたが、
数えてみると、40匹以上のお持ち帰りとなりました。
a0155525_22143218.jpg


おそらく、餌があれば100匹以上の釣果が出たかも知れませんが、
そんなに釣っても食べれないからね。(笑)


小型のスルメイカは、刺身が一番!なので、キレイに刺身用に処理したイカをご近所にお裾分けしたら
とても喜んでもらえました。

我が家の夕食は、もちろんイカ刺しと、塩焼きと、ゲソや刺身の半端部分のマヨネーズ炒め。
食べ切れなかった分は、濃い目の塩水に付けた後、水気をよくふき取ってから、日陰で一夜干し。
明日の晩には、半生のスルメが出来上がっている筈です。


数年ぶりに、神戸港のスルメイカは、当たり年の様子です。
[PR]
by sueji99 | 2012-06-10 22:27 | Fishing

HUB CLUB 1st West Japan Meeting in KOTOURA MOVIE

HUB倶楽部の、第1回西日本ミーティングが、鳥取県東伯郡琴浦町で開催されたのが、
今から2週間前。

各参加者のブログなどで、早速その時の模様が紹介されているので、
撮影したムービーの仕上げをちょっと焦っていましたが、ようやく完成しました。

毎回、ムービー制作をする時に使う、著作権フリーの音楽を探すのが結構大変で、
中々イメージに合う曲が無いんですよねー。
(と、ここでさりげなく言い訳けをしておく。)


今回のイベントは西日本支部の主催ではなく、「本部」の主催なので
関西テイストは控えめに。(笑)

って言うか、関西テイストで作ると「手を抜いている」って言われるんですよねー。あはは


さて、このミーティングの開催にあたり、実行委員の皆さんは地元の町役場の方と議論を重ね、
地元B級グルメの屋台や、模擬店が出たり、豪華賞品が当たるゲーム大会があったりと
気合の入った内容になったので、
自分もEOS Kissをかついで、会場内を行ったり来たり。

そうやって撮影した映像素材を、イベントの準備から本番までのメイキングムービーとして、
ドキュメンタリー的に、ちょっと上品に仕上げてみました。


とは言え、作画的には結構遊んでみました。


カラーグレーディングのお勉強用に導入したプラグインソフトを使って、オープニングとエンディングシーンを
最近流行の「ジオラマ写真風」に加工してみたり、
全体のトーンを、ライト&ソフトなルックにしてみたり。

これだけ絵をいじっても、この前パワーアップしたグラフィックカードのおかげで
スムーズにレンダリング&書き出しができました。

ただ。

エンディングロールのバックに使おうと思って撮影した、満天の星空の微速度撮影が大失敗!
画面の左に、思いっきり電線が映っているではないですか。(大泣)

やはり、真っ暗な中での撮影は、明るい内にロケハンをしておけ!という教訓を
次回に生かしたいと思います。


そんな感じで、仕上がった今回のムービー。
お時間があれば、見ていただければ嬉しいです。


↑この映像のサムネイル、なんかアウトロー映画っぽくって、ちょっといいかも。
[PR]
by sueji99 | 2012-06-03 17:55 | Bike