Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ときには星の下で眠る

a0155525_22262282.jpg

深い森の中の、荒れた舗装路を行く。

a0155525_22272978.jpg

ほどなく、道はダートに変わった。

a0155525_2250377.jpg

緩やかなコーナーを繰り返しながら、道は尾根に向かって高度を上げていく。

a0155525_22285966.jpg

ようやく、視界が開けた。

a0155525_22294680.jpg

尾根沿いのストレートダートの先には、通行止めのゲート。

今夜のねぐらは、このゲート脇の広い路肩に決めた。

a0155525_22324238.jpg

土の上に転がっている小石を丁寧に取り去り、テントを張り終えると
山の端に太陽が沈んだ。

時折、谷から吹き上がってくる風の音以外は、無音の世界。


次第に暮れゆく空を眺めながらの、ささやかな夕餉。

a0155525_22331130.jpg

インスタント麺と、サンマの缶詰に、黒霧島のお湯割りを2杯。
今夜は、これで充分。

a0155525_2234153.jpg

小さな焚火と、ノイズ混じりのラジオを友に、ひと夜限りの時を過ごす。

a0155525_2234593.jpg

気が付けば、深い藍色の夜空に満点の星。




遥か昔、人々は天が動いていると思っていたらしい。




今夜は、その説を少し信じたくなった。
[PR]
by sueji99 | 2012-05-29 22:56 | Bike

HUB倶楽部 西日本ミーティング in 琴浦

バイクと旅とキャンプを愛する人達が集う「HUB倶楽部」の、西日本ミーティングが
鳥取県東伯郡琴浦町で開催されたので参加してきました。

この町は、鳥取市と米子市の間に位置していて、北は日本海を、南は大山を望むのんびりとした町です。

今回のミーティングは、HUB倶楽部初の西日本ミーティングなんですが、
鳥取県中部は関西から気軽に参加するには、ちょっとだけ微妙な距離。(笑)

でも、美しい日本海と、そこで揚がる海の幸(これが、びっくりするくらい安い!)、
そして蒜山高原~大山へと続くナイスな高原道路など、ライダー&キャンパーには美味しいスポットでした。

この町から大山に続く道沿いにあるダム湖下の広場が、今回の特設会場。
a0155525_21395656.jpg


琴浦町役場の方々のご厚意で実現した今回のミーティングは、
日曜日には地元のB級グルメ「さかなコロッケ」の実演販売や、
a0155525_21404843.jpg

主催者の模擬店屋台やゲーム大会などもあって、
単に飲んで食って…という一般的なミーティングに+αの要素を加えたイベントとなりました。
a0155525_2141116.jpg


ただ、西は九州、東は関東~中部地方よりお越しのライダーもいたので、
日曜日の15:00まで引っ張るタイムスケジュールには、ちょっと無理があったかも??

でも、いつものメンバーに加えて、初めて参加された方も多くいらして、場所とやり方によっては、
ミーティングイベントとして、まだまだ参加者も見込めるなーと、思った次第です。
a0155525_21413372.jpg



個人的には、多くても10人までのキャンプが好みではありますが。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2012-05-22 21:46 | Bike

明石メバル再調査

前回、明るすぎるスーパームーンが原因(?)で不調だった明石のメバリングに再度行って来ました。

でっかくて、まん丸な太陽が、西の山に沈んだ後、綺麗な夕焼け空が広がりました。
海は空が大きくて良いですね。
a0155525_21594652.jpg


陽が長くなったので、19:30頃でも空は薄明るいのですが、この日は20:30頃に干潮潮どまりなので、
早めにスタートフィッシング。

小潮回りで潮位も低いので、ベランダの足元に繁るワカメの林に、
ジグヘッドを引っかけないようにリトリーブしてくるのがポイントです。

このワカメの林は、メバルの隠れ家になっているので、
ここにルアーが差し掛かるタイミングでヒットする場合が多いです。

この日も、4投目でこのポイントでヒット。
17cm程のアベレージサイズでした。
a0155525_2211486.jpg


幸先良く釣れたので、この後の連釣に期待したのですが、ヒットもなく干潮潮どまりを迎えて、しばし沈黙。

潮が動き出した21:30頃にようやく2匹目がヒット。
ちょっとましな19cmのメバル君です。
a0155525_2222559.jpg


この後、この時期にしてはかなり堪える低気温と強風に耐えきれず、港内に移動しました。
(昼間の天気に油断して、薄着で行ったのが失敗でした。)

港内には常夜灯が多く、風もましなのですが、釣れるサイズが一気にダウンサイジング。
テンションも同時にダウン。(笑)
a0155525_224510.jpg

数匹追加した時点で、寒さに負けて撤収~。

帰りは、カッパを上下に着込んでのライディングとなりました。

この日はバイク釣行には辛い、真冬のライディングウエアが必要な夜となってしまいました。
どうも今年の春は、気候が安定しませんねー。
[PR]
by sueji99 | 2012-05-14 22:10 | Fishing

ミラーレス一眼カメラ考

今、カメラショップに行くと、ミラーレス一眼レフカメラが、前面に押し出されていますね。

コンパクトデジカメ(コンデジ)は、今や完全にスマートフォンにその座を奪われちゃったので、
メーカーさんやカメラショップは、コンデジからのステップアップと、
デジタル一眼レフの大きさを持て余している層に向けて、必死のアピール!って感じですね。

デジタル一眼レフで、動画を撮る視点から見てみると、どのみちミラーはアップさせて使わないので
「ミラーレス」は理にかなっています。

どの機種も、フルHD画質の動画が撮れるようになって来ているので
最新のミラーレス一眼レフを、「動画カメラ」という視点で、見てみると…


■PENTAX Q
a0155525_17405682.jpg

世界最小・最軽量を謳うだけあって、パッと見はトイカメラ?かと思うほど小さいですね。
カメラ女子には受けるんでしょうが、手の大きいおっちゃんには、なんともホールドし難いサイズ。
唯でさえブレやすいデジタル一眼レフでのムービー撮影には、あまり向かないかなー。


■OLYMPUS PEN
a0155525_17414571.jpg

クラシカルなデザインと可愛らしさで、カメラ女子のハートを掴んだPENも、
第三世代のE-P3という機種になっています。
まあ、それだけ売れてるってことですね。
このカメラをタスキ掛けにして、レースの付いたロングスカートをはいた女の子が
観光地に溢れてました。(笑)

ただ、動画機能的には、「コンニャク現象」と言われる、映像がグニャグニャに歪むセンサーが大不評とか。
どうりで、カタログでは動画機能が、強調されていない訳けだ。


■Panasonic Lumix GX1
a0155525_1743451.jpg

ミラーレス一眼レフの先駆者のパナソニックからは、GHシリーズ、GFシリーズ、GXシリーズと、
3つのラインが発売されています。

それぞれターゲットが分かれていて、GHはハイアマチュア向け、GFは女性向け、
そして、GXは男性向け…って感じかな。

GX1は、クラシカルでちょっと無骨なデザインでアピールしていますが、
動画機能的にはGFシリーズと同じようです。
家電メーカーだけあって、AVCHDの画質は綺麗なんですが、どうも「家庭用ムービーカメラ」の
絵作りなんですよね。

GX1に標準装備のレンズは、電動ズームレンズ。
なんと、動画撮影にも使えちゃうので、一眼レフムービーにも、いよいよ電動ズームが…!
ってことなんですが、これもなんだか家庭用ビデオカメラの後追いで、
自分が求める一眼レフムービーの絵作りではないんですよねー。

それと、フレームレートが、30fpsなのが残念。


■Nikon 1 J1
a0155525_1754640.jpg

Canonと並ぶ、世界の一眼レフメーカーのNikonから、ついにミラーレス一眼が発売!ってことで、
鳴り物入りで登場したNikon 1 ですが、そのそっけないデザインと、期待を裏切るロースペックで、
Nikonファンからも、そうでないカメラファンからも不評を買ってしまいましたが、
動画機能的にはどうなんでしょう?

PENTAXからPanasonicまでは、センサーは全てマイクロフォーサーズ。
それに対して、Nikon 1は、新しいセンサーサイズとして、1インチサイズという
かなり小型のセンサーを搭載しています。
a0155525_17461698.jpg

デジタル一眼レフの命であるセンサーは、大きいに越したことはないので、
敢えてフォーサーズより小さいサイズを採用する意味合いが不明?ですが、
センサーを小さくすることで、ボディもレンズも小さくできる方向を選択したようです。
(と、言いながら、画期的に小さいサイズになっていないところが…ねー。)

ただ、フレームレートが60fpsなので、スムーズな動画が期待できます。
あと、シンプルなデザインと共に、色々なアートフィルターやピクチャースタイルを付けていないのも、
逆に新鮮です。

ファインダー搭載のV1は、ちょっと大ぶりですが、以外にいいかも?


■SONY NEX-5N
a0155525_1748411.jpg

Panasonicと共に、ミラーレス一眼の動画機能に力を入れているSONY。
NEX-5の後継機で、このクラスで唯一、APSCセンサーを採用しています。
つまり、ミラーレス一眼の中で、一番センサーサイズが大きい訳けですね。

フレームレートも60fpsで、動画機能としてはスペック上、頭ひとつ抜きん出ている?かと思いますが、
実際手にとって試してみると、なんかしっくりこないんですね。

原因は、ボディとレンズのバランス。
ボディは、かなり小さく追い込んでいるのに、レンズが大砲の様に長くて、
センサーサイズが大きいので、レンズの径がボディの天地サイズよりも大きいんですね。
まあ、これがNEXのデザインの特徴と言えばそうなんですが、どうしてもフロントヘビーで構えにくいんです。

そして、このレンズの評判がすこぶる悪くて、どうも機能的にも、優秀なボディとのバランスが悪いですね。



まあ、ザッと好き勝手に書いてきましたが、どの機種も一長一短で、これがベスト!と言える
「動画的」ミラーレス一眼レフカメラは、まだまだ開発途上ってところでしょうか?

まあ所詮、このカテゴリーのカメラに付いている動画機能は、おまけ程度のもので、動画を撮りたければ、
ムービーカメラを買いましょう…ってことなんですが、
自分的には「ミラーレス一眼のコンパクト性+動画機能の充実」を求めておりまして…

まあ、その理由は、追ってまた。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2012-05-13 18:04 | Movie

スーパームーンなメバリング

ようやく、久しぶりにメバリングに行くことができました。(嬉)

いつもの明石の漁港に、バイクを駆って19:00に到着。
a0155525_21404164.jpg


外海側のベランダで、タックルを準備していたら、街灯が無い場所なのに、やけに明るいな?と思って
空を見上げると、真ん丸なお月様。
a0155525_21362166.jpg

写真ではよくわかりませんが、やけに大きくて、明るくって、月明かりで自分の影がはっきりとわかるくらい。

海面も、このようにキラッキラに輝いて、ライトアップされた明石海峡大橋が、浮かび上がって見えます。
a0155525_21365019.jpg

この異様に明るい月のことは、帰って来てから知ったのですが、「スーパームーン」といういうらしいです。

月の軌道は、楕円形を描いているらしく、月が地球に接近した時に満月になると、この「スーパームーン」に
なるようで、通常の満月より14%大きく、30%も明るいそうです。

ちょうどメバリングに行った、5月5日の夜が、この「スーパームーン」だったようです。


さて、こんな夜のメバリングは?

気温は、20℃前後。
風は、ほぼ無風。
海面には、夜光虫なし。
潮は、大潮。

めっちゃナイスなコンディション!


…でも、釣れません。(泣)

アタリは、まあまああるのですが、ショートバイトばっかで、
モゾッとした違和感に軽く合わせてみると、とりあえずチビメバがヒット。
a0155525_2137261.jpg


このあと、満潮潮止まり前に、ようやくガツン!としたアタリで、アベレージサイズがヒット!
a0155525_21383398.jpg

しかし、潮止まりを過ぎても、一向に潮の動く気配が無いので、タイドグラフを見てみると、
潮位グラフは、ずーっと横一直線ではないですか…(大泣)
これでは、潮は動きませんなー。

当然のことながら、これ以降、全く当たりがなくなり、ゲームセット。


大潮の日でも、夜に潮が止まってしまうと、キツイですね。

あと、ショートバイト連発の原因は、やはりあまりにも明るい月の光で、
ワームが見切られていたのかも知れない…と、いうことにしておきます。(笑)


まあでも、こんな穏やかな夜に、潮騒をBGMに、珍しいお月様をゆっくりと眺めることができたことで
満足して帰ってきました。


釣れても、釣れなくても、釣りに行ける時間を持てることに、感謝、感謝。
[PR]
by sueji99 | 2012-05-06 21:46 | Fishing