Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そうめん滝キャンプ

久しぶりに、バイク&キャンプネタで。

毎年、GW時期に恒例となっているこのキャンプミーティングに参加してきました。

昨年、コンパクトなテントが欲しくて買った「DUNLOPツーリングテントR225」を、やっとデビューさせることが
出来ました。
a0155525_1643846.jpg


やっぱり、OGAWA ステーシーより、設営は断然ラクチン。
室内も十分に広く、前室にも結構モノが置けるし、通気性も良いので、とても気に入りました。

先日、2012年モデルが発売されましたが、カラーリング以外は、どうやら変わってない様子なので
一安心(笑)

やっぱり、ポールも込みで、サイドのパニアケースにすっぽりと収まると、パッキングがスマートになるので
ありがたいです。


さて、このキャンプミーティング。
a0155525_1653361.jpg

60名程のキャンパーが集合したので、テント場は、密集状態でしたが、
バイクはBMW率が異様に高く、旅バイクとして支持されているのを、改めて再確認。
それと、オフ車も多いのが、このキャンプミーティングの特徴で、
更に言うと、ハーレーが一台もいないのも、最近のバイクミーティングとはチト雰囲気が違います。(笑)

今回は、昼過ぎからビールをガンガンいっちゃったので、夜は早々に撃沈してしまって残念でしたが
久しぶりに会うキャンパーとも、はじめて会うキャンパーとも、色々話ができて楽しかったです。

やっぱり、キャンプミーティングはいいですねー。
[PR]
by sueji99 | 2012-04-30 20:15 | Bike

デジタルシネマカメラ

「Fishing Riding」というブログタイトルに反して、最近、映像関連のエントリばかりですが…(汗)


テレビが売れてませんねー。
昨年の地デジ化によって、みんな買い替えを余儀なくされたんで、
しばらくは、これ以上テレビが必要でなくなるってことは、誰でもわかることなんですが…

それでもメーカーは売らなければならないので、3Dに力を入れてきたけど、
わざわざメガネをかけてまで見る必要性も感じられないし。

で、次は…?って言うと、4Kですかね。
フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4Kですが、もともとはデジタルシネマ用の技術ですね。

本来、フィルムで撮影していた映画を、デジタルムービーカメラで撮影すると、大画面スクリーンで見た時に、どうしても粒子の粗さが目立つので、高解像度技術が必要だというのはわかるのですが、
果たしてテレビにその解像度がいるのかどうか?

ハイビジョンで十分でないの?というのが今のところの世間の声でしょうね。
(なので、8Kのスーパーハイビジョンは、なおさらね…)

ただ、本来のデジタルシネマの制作用に4K撮影&記録に対応したムービーカメラは、
この春の海外の映像機器ショーで続々と発表されています。

そこで、その一部をちょっとご紹介すると…

Canonは、昨年11月に本格的にハリウッド映画業界への進出を図るため、
Cinema EOS C300というデジタルシネマカメラを発表しました。(発売は、今年1月31日)
これは、このエントリでご紹介済みですね。

今回は、その発売からほんの数か月で、その上位機種となるC500が発表されました。
a0155525_21125291.jpg


最大120fpsの4K RAW形式データで撮影・出力できるんですって。
センサーはスーパー35mm相当。
映像データは、本体ではなく外部レコーダーへの記録となるらしいです。

そして、もう一機種がこちら。

Canon Cinema EOS 1D C
a0155525_21134259.jpg

これも、11月のエントリで写真画像を載っけましたが、詳細が発表されました。

こちらは、見ての通り、今年6月に発売予定されているデジタル一眼レフカメラ EOS 1D X
をベースとしたデジタルシネマカメラ。
24fpsのMotion JPEG形式の4Kデータで撮影でき、記録はカメラ内のCFカードに可能ということです。



さて、気になるお値段ですが、Cinema EOS C500が$25,000
Canon Cinema EOS 1D Cが、$15,000(一説では、$10,000)

あはは、すごい値段ですね。


今まで、世界中の映像クリエイターが、Canon EOS 5D Mark Ⅱを使って、
デジタル一眼レフムービーを撮ってきたので、今回のこれらのデジタルシネマカメラも、
その延長線上にある製品だと思っていた人が多かったので、この値段設定については、
みんな一斉に気絶しています。(笑)

まあ、4Kについては現状、まだ対応しているモニターやテレビが市販されていないし、
ニーズもまだまだ少ないので、あくまでも映画の撮影用に、映像機材屋さんからレンタルする製品って
ことなんですね。


個人所有したい人は、EOS 5D MarkⅢや、EOS 1D Xをどうぞ!ってことですね、キャノンさん。



そんな空気が流れる中、思わぬ伏兵が発表されて、
今、個人レベルの映像クリエイターの間で盛り上がってます。

それが、これ。
a0155525_21162183.jpg

a0155525_21173863.jpg

ブラックマジックデザインから発表されたBlackmagic Cinema Cameraです。

このメーカーは、今までビデオ映像のキャプチャーカードや、外付けのビデオレコーダーなどを、
こなれた価格帯で提供してきましたが、まさかデジタルシネマカメラを開発していたとは!

まず、目につくには、ヨーロッパの老舗カメラメーカーの作品を思わせる躯体のデザイン。
なんだかオシャレです。

そして、スペックも充実していて、2.5KのRAWデータ映像が内臓SSDに収録できて(これ、スゴイ)、
Canon EFレンズも使えちゃいます。

センサーサイズはスーパー16mmで、35mmフルサイズやスーパー35mmに及ばなくて、
最大感度がISO1600しかなかったり、バッテリーが内臓式だったりと、がっかりな要素も多いのですが、
価格が$2,995という魅力的な設定で、デジタルシネマカメラが「所有」できるってことで、
世界中で話題になっています。
(この価格、Canon EOS 5D MarkⅢどころか、Nikon D800より安いんですよね)
発売は、7月予定とか。

やはり、この手の伏兵は大手メーカーからではなく、こういうニッチなメーカーから出てくるんですね。

世界最高のスペックを追及するか、現場のクリエイターが求めている身の丈にあったスペックを提供するか。
戦略の違いと言えばそれまでですが、今年はデジタルシネマカメラから目が離せない年になりそうです。
[PR]
by sueji99 | 2012-04-23 21:29 | Movie

ちょっとパワーアップ

デジタル一眼レフムービーの編集には、グラスバレーのEDUIS neo 3 というソフトをメインに使っています。

とてもシンプルで、ソフト自体も軽いので、使いやすくて気に入っています。

ただ、使いたい「カラーグレーディング」のプラグインソフト(Magic Bullet Looks 2)が対応していないので、
「色づくり」にこだわりたい作品には、このプラグインに対応しているAdobe Premiere Pro CS5.5を使っています。

ムービー編集を最初に始めた時から、このPremiereシリーズを使い続けてきましたが、
Premiere Pro CS4になって、あまりにも動きが重く、リアルタイムプレビューもままならなくなったので、
EDIUSに乗り換えました。

パソコンを64bit版に変えてから、64bit専用設計のCS5.5にグレードアップして使っていますが、
やはりリアルタイムプレビューが遅い。
でも、カラーグレーディング・プラグインも使いたい。

プレビュー性能を上げるためには、GPUアクセレーションを生かすグラフィックカードを
追加するしかないかー、ということで、これまで使っていたCPU内臓グラフィックを、
CS5.5から新しく対応したハイスペック・グラフィックカード「NVIDIA Ge Force GTX570」に替える決断をしました。
a0155525_1671412.jpg


GTX570も、この前発売になったハイエンドグラフィックカードGTX680のおかげで、価格もグーンと
下がっていたので助かりました。

ただし、現在のパソコンの電源が550Wなので、このハイスペックカードには不安定ということで、
高出力の電源に替えなければならないのは、ちょっと痛かったですが。
a0155525_1616432.jpg

スペック的には、750Wあれば十分ですが、数百円しか変わらなかったので900Wの電源にしちゃいました。

で、パソコンンの中はこんな感じに。
<Palit NVIDIA Ge Force GTX570>
a0155525_16191491.jpg


<HuntKey X7-900>
a0155525_16192415.jpg


これで、CS5.5の売りのひとつの映像再生処理エンジン「Adobe Mercury Playback Engine」を
生かすことができるようになりました。
a0155525_16313541.jpg


で、早速EOSムービーを読み込んで、プレビュー画面を「フル解像度再生」に設定して、
エフェクトとして、「Magic Bullet Looks 2」を適用して、リアルタイムプレビューしてみると…
あはは、快適快適。

レンダリングなしで、フル解像度のムービーが、ストレスなくスムーズに再生されています。
a0155525_16552962.jpg

満足、満足。

ただ、電源をパワーアップしたのと、ハイスペック・グラフィックカードを加えたことによって
それぞれに付いている冷却ファンが一生懸命回るので、少し音がうるさくなってしまいました。

まあ、これは仕方ないよね。
[PR]
by sueji99 | 2012-04-21 22:17 | Movie

春は行く

なんだか、ぼーっとしているうちに、春は行ってしまいますね。

a0155525_18162182.jpg

昨晩からの雨に打たれた櫻の絨毯。

どうも最近は、冬が長くて、夏が早く来るので、春が短い気がします。

来週末は、久しぶりに春告魚でも釣りに行こうと思います。
[PR]
by sueji99 | 2012-04-14 18:21 | Floweres

春まぢか

昨年の8月に撒いたパンジーが、殺風景な玄関先に彩りを加えてくれています。

今年のカラーは、イエロー&ブルー。

タキイのF1ナチュレシリーズの、「 ブルー&イエロー」、「オーシャン」、「クリアレモン」の3種です。
a0155525_1441316.jpg


ハンギングバスケットが、花のボールになるには、まだ少し時間がかかりそうです。
a0155525_1442645.jpg



さて、肝心の櫻は?

今年の春は、いつまでも冬を引きずっているので、だいぶん開花が遅れているようです。

近くの川沿いの櫻を偵察に行くと、先日まで冬枯れ色の櫻の樹が、ほんの少し赤みを帯びていました。

そして、一輪だけ気の早い蕾を発見!
a0155525_14452555.jpg


この川沿いの櫻は、明日、開花宣言ですね。
[PR]
by sueji99 | 2012-04-01 21:26 | Floweres