Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

嗚呼!動画撮影的煩悩の世界 8

ようやく仕事も一段落したので、Go Pro HD HERO2でチョッと遊んでみました。

まず、このモータースポーツエディションにあらかじめセットされている「サクションカップマウント」を
GSに取り付けてみました。
a0155525_174351100.jpg


GSのハンドルはアップハンドルで、スクリーンも濃いグレーなので、タンクの上にこのマウントを使って
カメラを固定しても前方を撮影することが出来ません。

なので、Go Proをタンクに取り付けるには、サイドに固定しなくてはなりません。
a0155525_17461542.jpg


当然、タンクの上に固定するより、タンクのサイドに固定する方が、落下の危険性は増えるのですが、
吸盤+レバーによる圧着式のマウントは、とてもしっかりしていて、安心して走ることができました。

それから、写真のように、結構アームが長い印象ですが、走行中の振動による映像のブレも
最小限で、かなり好印象です。


それから、もうひとつ。

カメラをバイクに固定するクランプが使えない時用に、以前に仕入れたのがこのパーツ。
サンワサプライの「自転車用デジカメスタンド」です。
a0155525_1753367.jpg


主に、自転車のハンドルにデジカメを取り付けるために、長いマジックテープが2本付いています。
これを伸ばして、ハンドルバーに、くるくると巻き付けて固定する仕組みです。

このパーツを使って、フロントフォークのアウターチューブに、Go Proを取り付けて、
フロントタイヤやキャリパーを映し込んだ、ローアングル撮影がしてみたかったんです。

その為には、少し工夫が必要です。

まず、水平のハンドルバーにカメラを取り付ける為のこのパーツを、
垂直のフロントフォークにセットする為には、小さな自由雲台を使います。
a0155525_181839.jpg

これによって、カメラの取り付け方向を90度曲げることができます。

次に、雲台への取り付け方法。
Go Proは、専用の透明ハウジングに付いているクイックリリースバックルを、
ベースマウントに差し込むことによって、しっかりと固定されるように設計されています。

つまり、ヘルメットなどに貼り付けたベースマウントが無いところには、固定できないことになるので、
オプションで、三脚などのネジ穴に固定できる「トライポッドアダプター」が用意されています。
a0155525_1891362.jpg


これを、透明ハウジングのクイックリリースバックルと交換した写真がこちら。
a0155525_18113285.jpg


これで、三脚や雲台にGo Proを取り付けることができます。

先程の小型自由雲台に取り付けるとこんな感じになります。
a0155525_1813151.jpg


このセットを、フロントフォークに取り付けると…
a0155525_18141866.jpg

見た目よりも、しっかりと固定できて、迫力ある映像を撮ることができました。


こうやって撮影した映像は、次に作る作品の中で、ご紹介したいと思います。

ただ、やはり撮影時の微妙なアングルの調整は、カメラ背面のバックモニターだけでは物足りないですね。
来月発売予定の、Wi-Fiバックパックを早く試してみたいところです。
[PR]
by sueji99 | 2012-03-20 18:29 | Movie

嗚呼!動画撮影的煩悩の世界 7

ちょっと前に届いていたんですが、バタバタしていて、なかなか公開できなかったこのカメラ。
そう、とうとう買っちゃいました、「Go Pro HD HERO2」モータースポーツエディション。

届いたのは、こんなパッケージ。
a0155525_21175672.jpg

なんか、ディスプレイパッケージ風ですね。(笑)

そして、同時にオプションの付属パーツも合わせて購入。
a0155525_21195612.jpg

「バッテリーバックパック」です。

a0155525_2121228.jpg

そして、「LCD バックパック」です。

これらオプションパーツも、本体と同じテイストのパッケージになっていて、
Apple的なテイストで今風なんですが、一方で、これら梱包パーケージ代を削減して
コストダウンを図る方向もあるかも…ですね。

さて、本体のパッケージを開いてみると、
中身はこんな感じ。
a0155525_21265575.jpg

中々の充実ぶりです。

優れものは、曲面タイプと、平面タイプが合計5枚用意されている、ヘルメットへのベースアダプター。
簡単に言うと、両面テープでヘルメットに貼り付けるカメラの取り付けベースなんですが、
粘着テープが「3M」の超強力クッションテープなので、一回貼り付けると、ちょっとやそっとでは剥がれません。
まあ、それだけ、しっかりとヘルメットにカメラを固定できるっていうことですね。
だた、欲を言えば、ヘルメットへの固定を考えたら、ほとんどが曲面に貼り付けることになるので
平面タイプより、曲面タイプの数量を増やして欲しかったです。

このGo Pro HD HERO2は、本体だけではヘルメット等に固定できず、専用の防水ケースに収納して
使用します。

このケースに入れるっていうのが、変に大きく感じていたのですが、実際商品が届いてみると
手のひらに乗せても、これくらいのボリュームで、思いのほか小さく感じました。
a0155525_21343974.jpg


さて、それでは、専用のケースに本体を収納してみましょう。
a0155525_21395571.jpg

本体を、専用ケースにすっぽりと収めて、
a0155525_2141095.jpg

背面のふたを上部のバックルで、ぴったりと密閉します。

この背面のふたは、あらかじめ2種類用意されていて、上の通気性タイプと、
この完全防水タイプです。
a0155525_21433314.jpg

完全防水タイプは、水深60mまでOKとのことなので、不意の雨にもへっちゃらのようですが、
一方、通気タイプは、走行音が録音できるのと、夏場の高温時には威力を発揮してくれそうです。

この背面のふたは、簡単に交換できます。


そして、オプションで購入したパーツも試してみましょう。
まず、バッテリーパック。
a0155525_21511512.jpg

この製品は、カタログ上は使用時間が2時間となっていますが、実際はその半分位じゃないかと思っています。
この手のカメラの映像は、そんなに長くは編集では使わないものの、場面場面で撮するには
バッテリーの確保は重要なので、購入しました。
a0155525_2205080.jpg

付属品は、こんな感じです。

使い方は、本体の背面にワンタッチで取り付けができます。

次の、オプションパーツは、液晶モニタです。
サイズとコストを考えなければ、あらかじめ付いているべきパーツだとは思いますが、
付いていないので、仕方なく買いました。(泣)
a0155525_21563051.jpg

付属品は、こんな感じ。
a0155525_2221448.jpg

液晶モニター用に、背面のふたが、完全防水用と、通気性のあるもの2種類がそれぞれ2個づつ
同梱されていました。

取り付け方は、バッテリーバックパックと同じ構造で、本体の背面に取り付けます。

取り付けてみて、やはりこのパーツは必需品だと感じました。
これがないと、撮影前のアングルが全く分からないので。

これら、オプショパーツを本体の背面に取り付けると、その分厚みが出るので、
専用ケースの裏面を奥行きのあるものに変えなければなりませんが、
そのスペアパーツは、ちゃっと同梱されていました。
a0155525_21593782.jpg



さて、それでは肝心のヘルメットへのセットの仕方です。

まず、ヘルメットの上部に取りつけるには、先の曲面タイプのベースを、強力両面テープで
固定しします。
a0155525_2284515.jpg


そして、そのスリットに、カメラケースの下部のアタッチメントのフックを、ガチット固定すると
ヘルメットにカメラがしっかりと固定されます。
a0155525_2291449.jpg


最後に、ライダーの目線と同じレベルから撮影したい時は、ヘルメットのサイドにカメラを固定したいのですが
この固定方法にも、3方向に動いて調節可能なアタッチメントが用意されています。
a0155525_22111851.jpg

このカメラの形状の特性上、どうしてもサイドに付けると、横への出っ張りが強調されてしまいますが。
見かけより、しっかりと固定されていて、十分実用に耐える構造であることが分かりました。



さて、再来週以降、このカメラを使って、実際の撮影テストをしてみたいと思います。
[PR]
by sueji99 | 2012-03-10 22:23 | Movie

嗚呼!動画撮影的煩悩の世界 6

いよいよ発売ですね、Canon EOS 5D MarkⅢ
a0155525_2264451.jpg


カメラ本体のスペックは、方々で報道されているので、
以下、デジタル一眼レフカメラでムービーを撮るという視点で…。

「デジタル一眼レフムービー」というカテゴリーを築いた「Canon EOS 5D MarkⅡ」の後継機種として、
いつ出る?いつ出る?そのスペックは?って、言われ続けて、そのプレッシャーにしどろもどろしている内に
NikonにD800で先行されちゃったCanonさん。

Nikon D800のスペックが思いのほか良かったんで、今回発表された5D Mark Ⅲが
「あれっ?」って感じで、ムービー界ではズッコケている人が多いようですね。(笑)

まあ、どちらの機種も、まだ発売前なので、発表されたスペックでの比較です。
実際に使用してみて、はじめてその良し悪しが報告されてくるのだと思います。

ただ、気になるのは、NikonとCanonの組織の違い。

Nikonはスティルカメラメーカーなのに対して、Canonはスティルカメラメーカーであると同時に、
ムービーカメラメーカーであること。

Canonの中で、ムービーカメラの部署との社内競合を避けるために、
EOS 5D MarkⅢを、「動画カメラ」として位置づけられないジレンマが、なんだか感じられる
今回の発表でありました。

民生機と共に、業務用のムービーカメラも主力のCanonとしては、このあたりは経営の根幹に関わる問題
なので、外野の意見はなかなか届かないと思いますが、いちCanon Loverとしては、
その両方のスキルを、それを望むコンシューマーに統合して提供して頂戴よっ!って感じですね。

とは言え、デジタル一眼レフカメラとしての機能としては、申し分のない出来だと思いますし、
この夏に発売予定されている、一眼レフカメラスタイルの「CINEMA EOS 4K 」も大変気になるところ。

今年も、益々この分野のカメラの動きから目が離せません。
(ただ、おいそれと買える商品ではありませんが)


最後に、Nikon D800のバイクを主人公にした素晴らしいムービーを、先日ご紹介しましたが、
EOS 5D MarkⅢからも、テイストは間逆ですが、素晴らしい作品が公開されています。

ちょっと前にアフリカでこっそりと撮影されていた、EOS 5D MarkⅢを使ったデモ撮影シーンが
スクープされていましたが、おそらくこのムービーの冒頭シーンだったのでしょうね。

このムービー制作の核の部分は日本人スタッフで占められています。



最近、この手のプロモーションビデオは、単にその機種のアピールポイントを前面に押し出して
「どう?綺麗でしょ?」っていう作りではなくて、ちゃんとストーリーがあって、作品としてのディレクションが
効いている、クオリティの高いものが多いので、見ていてとても楽しいですね。

でも、あのマリオネットの「ひも」は、どうなっているんだろう?(笑)
[PR]
by sueji99 | 2012-03-04 22:27 | Movie