Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本海サゴシ 出撃!

土砂降りの土曜日の午後から、仕事関係のスタッフのバンに乗せてもらって、
久しぶりにサゴシ(サワラの小型版)のルアーフィッシングに行ってきました。

毎年、この時期には大人気の釣り場なので、前日から場所取りを兼ねて、夕方6時頃に入りましたが、
流石にこの雨では、夕方の人出が少なかったので、良い釣り座が確保できました。

日も暮れたので、簡単に車中で夕食を済ませ、午前3時の起床まで、しばらくの仮眠。

前日の大雨で、海水の状態が気になっていましたが、漂流物も少なくグッドコンディションです。


午前5:12の夜明けと共に、一気に時合い突入となりました。

ラッキーなことに、回遊が防波堤に近かったので、接近戦に強いマナティ・ワインドの独断場でした。
遠投を繰り返すジグマンをよそ目に、チョイ投げで軽くしゃくって来ると、ガツン!とヒットしてくれます。

a0155525_21251986.jpg

この日は、小潮まわりで、タイドグラフを見ると、AM3:00~6:00頃に急激に潮が動いて、
そのあとは、昼ごろまで、ほとんど動かない予想だったのですが、
まさしく、サゴシはその通りの行動パターンで、夜明けすぐのラッシュのあと、
ピタッとアタリが止まってしまいました。

やはり、青物は潮が動かないと、なかなか食ってくれませんね。

でも、短い時合いをものにして、十分な数が釣れたので、午前8:00にストップフィッシングとしました。
a0155525_21272484.jpg



そうそう、先日ご紹介した「秘密兵器」のZZ-STAPも良い仕事をしてくれました。
ちょっと遠投して、数回しゃくって、食わせのフォールを入れると、ガツン!です。

ただ、見て下さい。
a0155525_21275148.jpg

a0155525_21353856.jpg

サゴシの牙にズタズタにされて、ケイムラの表面コートも剥がれ落ち、
このシルバーフラッシュは、再起不能となってしまいました。(泣)


こんな感じで、早く帰宅したので、大量の獲物を「西京漬け」にして、
a0155525_21281892.jpg


今日いただく分は、刺身とタタキにしました。
a0155525_21283748.jpg



今回、「サゴシのタタキ」を始めて作ってみたのですが、はっきり言って絶品です。

作り方は簡単で、刺身用に三枚に卸した半身に鉄串を打って、ガスレンジの強火の直火で
少し焦げ目が付くくらい表面を焼いて、氷水で〆るだけ。
a0155525_21285979.jpg


表面はふっくら火が通り、中はもっちりとした刺身状態で、付け合わせのタマネギスライスや、
ミョウガや大葉と一緒に、おろし生姜を溶いたポン酢でいただいたんですが、家族に大好評でした。

刺身も旨いんですが、あまり量を食べれないので、タタキにするとパクパクいけてしまいます。

「料理は、科学反応」とは、某カメラマンさんの名言ですが、まさしくその通りで、
ちょっとしたひと手間で、フィッシングワールドは、更に広がりますね~。


また、行こうっと。
[PR]
by sueji99 | 2011-04-24 21:37 | Fishing

秘密兵器

毎年、メバルからタチウオ、そして青物と幅広くお世話になっているルアーメーカー・オンスタックルから、
この春、初めてソフトルアー以外のルアーとして、「キャスティング・ジグ」が発売となりました。

a0155525_0395620.jpg

ネーミングは、「ZZ-STAP」

オンスタックルは、今や神戸港のタチウオ釣りの定番ともなった「ワインド釣法」を開発したメーカー。

ワインド釣法とは、オンスタックルの代表的ソフトルアー「マナティー」と、
専用ジグヘッド「ZZ-Head」を組み合わせたリグを、ロッドをシャクルことによって左右にダートさせ、
その動きに反応したフィッシュイーターであるタチウオや青物(ハマチや、サゴシ)の
リアクションバイトを誘う釣り方です。

この釣り方で、数多くのタチウオや青物を釣ってきましたが、確かによく釣れます。

ただ、ソフトルアーの弱点は、その軽さから、強い向かい風が吹いてしまうと、
遠くまでルアーをキャストし難いことなんですね。

そこで、遠くのナブラを狙うことの多い、ルアーでの青物釣りには、
メタルジグを使用することが多いのですが、
これがなかなか思うようにアクションさせるのが、難しいんですよね。

特に25~30g程度の軽めのメタルジグは、すぐに浮き上がって来て、
海面から飛び出してしまうことが多いんです。

そこで、ワインド釣法と同じシャクリ方で、ダートアクションをコントロールできるキャスティング・ジグとして、
この「ZZ-STAP」が開発されました。

ウエイトは、30gです。

通常のメタルジグとしては、軽い方の部類に入ると思いますが、1oz(28g)のZZ-Headに、
マナティをセットした重さなので、ワインド釣法として考えると、ちょっとヘビーかも知れません。

ただ、アクションのさせ方は、マナティーを使ったワインドが、ルアーをピックアップするまで
シャクリ続けるのに対して、ZZ-STAPは、数回しゃくって、フォールさせて食わせるアクションなので
案外、楽ちんかも知れません。

そんな脳内イメージを膨らませながら、フィッシングショップで見かける度に、買い足していったら
あらら、こんなに揃えてしまいました。(笑)
a0155525_0402318.jpg


カラーは、全部で8色あるようですが、いつの間にか6色が手元に…

一番上の「ライブイワシ」と、次の「ピンクイワシ」は、ハマチやメジロなどの青物の定番カラーで、
いかにも釣れそうです~。

その下の「マズメピンク」は、お腹の白い部分がグロー系のカラーなので、薄暗いマズメ時に効果が高そう。

次の「ゴールドフラッシュ(アカキン)」と、「ブラッディカシス(アカ)」は、見るからにサゴシパターン。

最後の「シルバーフラッシュ」は、薄暗い時間帯のアピールが高そうで、タチウオにもいいかも…

っていう見た目の感想です。



このジグには、実は秘密があります。

それは、片面だけに「ケイムラ・コーティング」がされていること。

ケイムラとは、紫外線を浴びると紫色に輝く塗料のことで、これを片面だけに塗ってあるので、
ロッドをシャクって、アクションを付けた時や、フォールで落としている時に、
ケイムラコーティングと、普通のコーティングの面の対比が、より高いアピール効果を出すっていうんですね。

その映像が、YouTubeに上がっているので、参考に貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=AR2ROORftwc&feature=player_embedded



で、そんな秘密兵器で狙うターゲットは、サゴシ(サワラの小型)です。

あの牙で、ボロボロにされる前に、綺麗に並べて記念撮影をしてみました~って感じですが、
あー、いつ行けるかなー。

どうも今週末は、雨予報なので、ちょっとションボリです。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2011-04-21 00:49 | Fishing

季節の機微を感じるということ

このブログのタイトルは、「フィッシング ライディング」とさせてもらっています。

これは、文字通り、釣り好きでバイク好きの自分のライフスタイルについて、
たらたらと書き散らしていく…という内容なわけですが、書き進めていくにつれて、
記事として取り上げる内容が散漫になってきているので、ここで改めてちょっと整理をしてみたいと思います。

そこで、こんな図を描いてみました。(笑)
a0155525_1364050.jpg




ご覧いただいた通り、自分のライフスタイル(あくまでも趣味の世界のライフスタイルですが)の
中心にあるのは、「オートバイ」です。

自分にとってのオートバイは…

時に、移動交通の手段であり、
時に、荷物運搬の道具であり、
時に、家族のアッシー(古っ!)であり、
時に、旅の相棒であり、
時に、自己主張の鏡であり、
時に、コミュニケーションのツールであり、
時に、ストレス解消の妙薬であり…

と、様々な役割りを担ってくれています。

そんなオートバイと共に過ごして来た長い月日の中で、
オートバイから派生した別の趣味が生まれ育っていきました。

それが、ツーリングであり、釣りであり、キャンプです。

これらは、一人で楽しむこともあれば、仲間と楽しむこともあり、それぞれに違った楽しさがあります。

そんな楽しさを、記録に残し、一緒にその時間を共有した仲間と、
改めて楽しみを分かち合う為のツールとして、カメラやムービーが加わっていきました。

また、これらの世界をより深く、より安全に楽しむために、その目的に即したグッズがあります。
そのグッズを自分なりにアレンジしたり、新しい使い方を考案したりすることによって、
更に楽しみの世界が広がって行きます。

そして、これらの世界は全て、アウトドアがフィールドとなります。
アウトドアには、自然に溢れ、季節ごと移り変わる四季があり、美しい風景があります。

その中に、生身の自分の体を晒すことによって、普段の都会生活で忘れてしまいがちな、
ゆるやかな季節の移ろいを感じることができます。

この季節の移ろいは、小さな庭先の花々の営みや、海の中の魚達の行動や、
ツーリング中の空気の匂いから感じ取ることができます。

ただ、この移ろいは規則正しくカレンダー通りにやってくるとは限らず、
ある年は早く、ある年は遅く訪れることがあります。

オートバイを中心とした、これらの遊びの世界の中にいると、
年ごとに変化する季節の移ろいの機微を、自然に感じられるようになりました。

これは、オートバイという、絶えず体を外気に晒して走ることが宿命の乗り物を愛し、
長く連れ添って来たからこそ、自然に身に着いた感覚なのかも知れません。

社会人になってから、圧倒的に都会の中で暮らす時間が長い人生ではありますが、
そんな都会の中でも、街路樹の花や、ビルの隙間からのぞく青空や、のんびりと流れていく雲や、
道路を赤く染める夕陽や、ぽっかり浮かんだ満月に目を止めて、
次に時間ができたら、オートバイ+αで何を楽しもうか?と考えるひと時が、
実は最も充実した時間なのかも知れません。

いつまでたっても、遠足の前夜のワクワク感を楽しめる大人でありたいと思っています。

そんなオトナコドモの自分にとって興味のある事象について、これからもボチボチと書き繋いでいこうと思い、
ちょっと今までの記事を振り返ってみました。
[PR]
by sueji99 | 2011-04-18 01:56 | etc.

サブマリンサンド

昔、片岡義男の「ときには星の下で眠る」というオートバイをテーマにした小説に、
「サブマリンサンド」というメニューが描かれていました。

このメニューが登場するシーンは、こんな感じです。

かつて、オートバイを通じて繋がっていた仲間と再開するため、主人公は東京から故郷(おそらく信州)に
向かって、オートバイで夜の峠道を走っていた。

その夜、立ち寄ることになっていた高校時代の恩師の家に、お腹を空かせて冷えた体でたどり着いた
主人公に、恩師の奥さんが手早く作ってあげたのがこのメニュー。

確か、暖かいスープが添えられていたと記憶しています。
a0155525_22573340.jpg




作り方は…

1、20cm程のバゲット(フランスパン)を、底の皮一枚でつながっている状態まで、縦に切り開く。

2、切り開いたバゲットの中のパンを少しほじくり出す。

3、マスタードと、カレーパウダーを混ぜたマヨネーズを、バゲットの内側に塗り込む。

4、千切ったレタスを敷いて、コンビーフ、スライスオニオン、ボイルしたハムやサラミソーセージなどを
詰め込んで、チーズやピクルス、オリーブなどをトッピング。

5、最後に左右が開かないように、爪楊枝を刺して出来上がり。

確か、こんな感じだったと思います。



自宅から歩いて数分のところにある、小さな川のほとりの桜が見頃になったので、
今朝、久しぶりに作り方を思い出しながら、「サブマリンサンド」を作って、家族と花見ランチに行きました。
a0155525_2303166.jpg


記憶の底にあったレシピに対して、ちょっとオリジナルのエッセンスをパラパラと。

まず、バゲットは、ノーマルなフランスパンではなく、ガーリックブレッドをチョイス。

コーンビーフと、スライスオニオンは、あらかじめマヨネーズであえておき、
ブラックペッパーでちょっとスパイシーに。

ハムは、単なるボイルドハムではなく、こちらもブラックペッパーの効いたスライスを使用。

シーフード版を思いついたので、各種ハムの替わりに、スモークドサーモンをはさんで、
残りもののケッパーを散らして、ドライバジルをパラパラ。


「サブマリンサンド」の名前の由来は、バゲットを丸ごと1本使うので、
その形が潜水艦(サブマリン)に見えるところから来ているんでしょうね。


小さな焚火台で、少し炭を熾して、塩胡椒だけのシンプルな味付けの鶏のモモ肉を一枚焼いて、
これもサンドに挟み込んでいただきました。
a0155525_2258816.jpg


食べやすい大きさにスライスしたサンドを、軽く炭で炙っていただくと、バゲットがサクサクして、
更に旨かったです。
a0155525_22592171.jpg


これらを、暖かいストレートティーと一緒にいただきました。


以外にスモークドサーモンバージョンが、家族には人気で、たまたまの思いつきアレンジにしては、
上手くできたようです。


まあ、
柔らかな青空に映える、満開の桜の下で食べるメニューは、何を食べても美味しいんですけどね。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2011-04-11 23:04 | etc.

空港 のち 港内

最近、ちょっとお酒が飲めない生活を続けているので、
休みの日、早くに夕食を済ませてしまうと、寝るまでに時間が結構あるんですよねー。

まあ、その時間を利用して自己研鑽なり、家族サービスなりをすればいいのでしょうが、
近くの海へぷらっと竿持って出かけるのも、たまにはありかと…(苦笑)

ポートアイランドの北公園なら、単車で15分~20分。
神戸空港でも30分以内なので、食後の運動(?)には最適です。

この夜は、最近イカナゴの接岸でメバリングの調子が上がっているという神戸空港へ。
さすがに、人が多いですね。
ただ、人の多さもさることながら、東からの強風でラインごと持っていかれてしまい、
底を取るどころか、全く釣りにならない状態でした。

「神戸港の東風は、ボウズ風」という言葉を信じている自分は、
さっさと見切りを付けて帰宅しようとしましたが、ふと、先日行った明石の漁港のことを思い出して、
「2時間1本勝負」で、明石にワープすることに決定。

休日の夜の2号線は空いていていいですね。
30分ちょっとで、明石の港に到着。
こちらは、ほとんど風はなし。

この港は、堤防の突端と、外海側のベランダと、港内の船着き場が、自分ではポイントかと思っていますが、
この日はお手軽に、港内の船着き場で遊ばせてもらうことにしました。

ただこの夜は、いつもよりも係留されている船の数が多く、
常夜灯が効いていて安全にキャストができる場所が限られていました。

狙っていたポイントから、先行者が立ち去ったので、オンスタックルの「カッティングベイト2inch」グローマーブルからスタート。
ジグヘッドは、1gです。

表層を意識してスローリトリーブしてくると、突然ラインにテンションがかかり、ドラグが出まくり。
右に左に走られ、派手にエラ洗いジャーンプ!


いきなり、シーバスが食ってしまいました。

ドラグを調整しながら、ファイトはしてみたものの、いかんせん1lbのフロロではなすすべもなく、
船の下に潜られてあえなくラインブレイク。

気を取り直して、「マゴバチ」にチェンジして、同じく表層を探っていると、今度は小さな小さなアタリ。
チャート・ラメに食って来たのは、10cm前後のマイクロメバル。
a0155525_20384459.jpg


この後も、ピンクグリッター、クリアオレンジ、SPグリーン、ケイムラ・ピンクと、クリア系と派手系をローテーション。
最近あまり使ってなかったんですが、SPグリーンが良く釣れました。
ほとんど2か所のポイントで粘る結果となり、マイクロメバルが8匹でタイムオーバー。
a0155525_2038599.jpg


どうも、この港内のサイズはこの大きさですね。
外海側のベランダでは、もう少しサイズアップしますが、「アタリはあるに、なかなか乗らない」
アジング感覚で、数釣りを楽しむには、港内も良い場所かも知れません。

次回また遊ばせてもらおうと思い、魚は全てリリースして、トコトコ単車で帰路につきました。
a0155525_20391568.jpg


やはり、神戸港より、明石の方がメバルのストックは多い感じですね。
[PR]
by sueji99 | 2011-04-10 20:49 | Fishing

超広角ズームレンズ

被災地の方々には、最大限の配慮をしつつ、経済活動も回していかなければ…ということで。


久しぶりの「気になるMONO」シリーズです。


今、スティルと動画の両方で大活躍してくれているデジタル一眼レフカメラ「EOS KISS X4」

それまで使っていた35mmフルサイズ・銀塩一眼レフカメラと、画角が違うAPS-Cカメラです。

レンズの焦点距離を、EOSの場合「1.6倍」すると35mm換算となるので、
一般的に「標準レンズ」と言われる「50mm」レンズは、「80mm」の中望遠レンズとなるわけですね。

まあ、望遠側に振りたい時には、メリットがあるわけですが、常用ズームレンズとして使っている
「28-135mm」レンズは、「45-200mm」となるので、どうしても広角側が狭くなってしまいます。

所有しているレンズの中で、最も広角系のレンズは「20-24mm」なのですが、
これが「32-38mm」という中途半端なズームレンズになってしまいます。

今までの、35mmフルサイズ・銀塩一眼レフカメラを使っている時は、
この20-24mmズームは素晴らしい活躍をしてくれたんですが…

そこで、被写体にグッと寄りたい時、広く空を入れたい時、風車などを下からワイドにあおりたい時、
狭い室内で多くの人間をフレームに納めたい時に、「超広角」レンズが欲しいなーと、思うようになりました。

ここで言う「超広角」レンズとは、被写体が丸く歪む「魚眼(フィッシュアイ)」レンズまではいかない画角の、
広角レンズを指していて、概ね10~20mmあたりを指すようです。

ただ、この10mmも、APS-Cサイズから35mm換算すると16mmとなってしまいますが、
それでも十分に広い画角を映しこめます。
そこで、今気になる4種類の「超広角レンズ」を勝手にピックアップして、並べてみました。



■シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM
a0155525_2115897.jpg

焦点距離:10~20mm (EOS Kiss X4 装着時 35mm換算:16~32mm)
最大径×長さ:87.3x88.2mm
フィルター径:82mm
最短撮影距離:24cm
重量:520g
価格:59,468円(価格.com 3月末 最安値)

旧タイプは、F値がF3.5-4.5だったようですが、新型では全ズーム域でF3.5通しになったようです。
ただ、新型と言っても、発売は2009年7月ということですが…
しかし、フィルター径82mmって、男前だなー。



■タムロン SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF] (Model B001)
a0155525_21185979.jpg

焦点距離:10~24mm (EOS Kiss X4 装着時 35mm換算:16~38.4mm)
最大径×長さ:83.2x86.5mm
フィルター径:77mm
最短撮影距離:24cm
重量:406g
価格:41,800円(価格.com 3月末 最安値)

ズーム域によるF値が、F3.5-4.5に変動するのは、通常のズームレンズと同じですが、シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSMに比べて、重量差が114g、価格差が17,668円と、かなりコストパフォーマンスが高いですね。

発売は、2008年2月




■キャノン EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
a0155525_21451922.jpg

焦点距離:10~22mm (EOS Kiss X4 装着時 35mm換算:16~35.2mm)
最大径×長さ:83.5x89.8mm
フィルター径:77mm
最短撮影距離:24cm
重量:385g
価格:64,638円(価格.com 3月末 最安値)

発売は、2004年11月と古いものの、キャノン純正のEFシリーズの超広角レンズです。
今まで、純正レンズを主に使って来たので、信頼感はあるのですが、スペック的に近いタムロン SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LDと比較した場合の、コストパフォーナンスは、どんなもんなんだろう?
レンズの重量は、今回比較している4機種の中で最軽量。


■トキナー AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8
a0155525_2147122.jpg

焦点距離:11~16mm (EOS Kiss X4 装着時 35mm換算:17.6~25.6mm)
最大径×長さ:84x89.2mm
フィルター径:77mm
最短撮影距離:30cm
重量:560g
価格:49,250円(価格.com 3月末 最安値)

このレンズの最大の魅力は、F2.8通しという解放値の明るさ。
一方、他のレンズの広角側が10mmに対して、11mm。
超広角の1mmの差は大きいと聞きますので、実際のぞいて比べてみたいものです。
重量は、今回候補に上げたレンズの中で最も思い560g。
ちなみに、EOS Kiss X4のボディの重さが475gなので、バランス的にはどうなんだろう?
ただ、X4が軽すぎるってこともあるんですが…
発売は、タムロンSP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD と同じ、2008年2月です。


まず、チョイスのポイントとして気になるのは…

・最広角の焦点距離
・開放F値
・重量(カメラボディとのバランス)
・画像の歪み度合い
・画像のシャープさ
・最短撮影距離
・価格

と、いったところです。


・最短焦点距離の10mmと、11mmの違いは、どれほどの差があるんだろう?

・広角レンズは、基本的には絞って使うことが多いので、開放F値の明るさにこだわる必要があるのかな?

・重量は軽いに越したことはないのでしょうが、ボディとのバランスも大切だよなー。

・最広角側での画像の歪は、どこまで出るのか?
 特に動画撮影が多いので、カメラをパンした時画像が歪むと、気持ち悪るそう。

・画像のシャープさは、カタログデータからは分からんよなー。

・広角は寄ってなんぼ。24cmと、30cmの差。結構、大きな差なんだろうか?

・そりゃ安いに越したことはないけど、満足度も大いに必要。



こうやって、悩んでるだけでは、経済活動には貢献できないんですが、
こうやって、悩んでる時間って、とても贅沢な時間ですね。(笑)
[PR]
by sueji99 | 2011-04-05 21:51 | 気になるMONO

パンジー観察日記 15  4月3日

昨年の8月16日から続けてきた、この「パンジー観察日記」シリーズは、今回で終了です。

ちょっと振り返ってみると…

第1回目の8月16日は、記録的な猛暑の中でのタネまきでした。
a0155525_1642565.jpg


翌週の、第2回の8月23日には、小さな双葉が芽生えました。
a0155525_16453228.jpg


第3回目の8月29日には、小さな小さな本葉が、双葉の間から顔をのぞかせました。
a0155525_16482661.jpg


9月に入っても、猛暑は全く収まる気配もなく、
第4回目の9月4日には、懸命の冷却作業と、活性剤を与えて暑さで全滅しないように頑張りました。
a0155525_1652082.jpg


台風が通りすぎた、第5回目の9月13日には、ようやく暑さも一段落して、
少し秋の気配も感じられるようになって、本葉の数も増えてきました。
a0155525_16554698.jpg


第6回目の9月23日には、本葉がここまで育っていて、ちょっと移植のタイミングが遅れてしまいましたが、
a0155525_1659260.jpg


第7回目の9月26日に、ポットへの移植が完了。
a0155525_1711251.jpg


第8回目の10月16日には、綺麗な蝶が遊びに来たと思っていたら、
a0155525_174947.jpg


そいつは、パンジーが大好物の青虫君のオカンだったわけで、
第9回目の10月27日には、葉っぱが齧られるアクシデントもありましたが、
a0155525_1764998.jpg


なんとか、その危機も脱して、第10回目の11月25日に、初めての蕾が確認できました。
a0155525_1785796.jpg


そして、葉っぱもここまで茂って来ました。
a0155525_17541242.jpg


ただ、蕾が膨らんでから、開花するまでには結構時間がかかり、
結局、1番目の花が開いたのが、第11回目の12月4日
a0155525_17123327.jpg


そして、この開花を待って、ようやくハンギングバスケットとして定植したのが、
第12回目の12月13日
a0155525_1714464.jpg


1月29日には、神戸でも最低気温が-4℃を記録して、外に出しっぱなしにしていたパンジーの葉っぱが
冷凍パセリのように、チリチリ状態になってしまいましたが、それでも翌日の第13回目1月30日の観察では
枯れることなく花を咲かせていてくれて、一安心。
a0155525_17213574.jpg


そして、第14回目の2月28日には、数々の試練を乗り越えて来たパンジー達が、少し春めいて来た
日差しを浴びて、一気に開花し始めました。
a0155525_17493723.jpg




現在の花たちの姿は、こんな感じです。

a0155525_172535.jpg

a0155525_17253354.jpg

a0155525_1725599.jpg

a0155525_17262325.jpg

なかなか、見応えのあるハンギングバスケットに仕立てることができました。


久しぶりに、今回、種から育てるパンジー作りを再開しました。

昨年の夏は、極端に暑く、今年の冬は、極端に寒かったこともあって、
かなり気を遣いながらの育苗となりましたが、
やはり、手間を掛けた分だけ、愛着が湧いて来て、毎日の会社への行き帰りのひと時に、心が癒されました。


これからは、咲き終わった花ガラを小まめに摘みながら、花姿を保って行くわけですが、
気温の上昇と共に、株が徒長して、だんだん美しい姿が崩れていって、
6月頃には、花も色あせて、一年限りの命を終わらせていきます。


この「F1種」は、人間が人工的に掛け合わせて作った「一代交配」のことで、F1種同士を掛け合わせても、
親と同じ品質(配色)にはならないので、うちのこのハンギングバスケットも一期一会の出会いということに
なる訳けですね。

まあ、そんな難しいことはさておき、観察日記はこれで終了ますが、これからは気温の上昇と共に発生する
大量のアブラムシ君との戦いが、待っています。(笑)


できるだけ最後まで、美しく咲かせ続けてあげたいと思っています。
[PR]
by sueji99 | 2011-04-03 18:32 | Floweres