Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

父娘タンデムツーリング記 2007 北海道 vol.1

2007年の夏、娘との2回目の北海道ツーリングが実現しました。

人間、勝手なもので、
寒い日は、暑い日を思い出し、
暑い日は、寒い日を懐かしむようで、
前回の灼熱の九州から、行先をまた北海道に戻しました。

今回の北海道ツーリングは、1985年のオヤジの初・北海道ツーリングの思い出探しに、
娘を付き合わせるっていう、娘には甚だ迷惑な企画なのですが(笑)、
あまりその辺りのことは詳しく話さずに、出発にこぎつけました。

目指すのは、北の最果て宗谷岬と、礼文島。
学生時代の約2カ月間の北海道ツーリングの思い出がいっぱい詰まったルートをたどりながら、
変わってしまった場所、変わらずに残っている場所を、感傷に浸りながら旅する訳です。

そんなオヤジの魂胆も知らずに、娘は初めて乗る飛行機を楽しみにしている様子。
a0155525_2285160.jpg


そうなんです、今回は行きは時間短縮を目的に、大阪港から苫小牧港まで事前にバイクを
貨物船のコンテナで送っておいて、人間は神戸空港から新千歳空港まで、
飛行機でひとっ飛びするという、ちょっと贅沢なプラン。

出発日の1週間前に、大阪港の舞洲にある日本通運の営業所まで、バイクを運んで引き渡し。
荷物は積んだままでOKだったので、人間はヘルメットひとつで北海道入りができます。

ただ、舞洲まではバイクで走って行けるのですが、バイクを預けた後は、
最寄駅のJR桜島駅までは、タクシーで行かなければならないので、ちょっとお金が掛かります。

前回の北海道は、お盆明けに行ってかなり寒かったので、今回は8月の上旬の出発としました。
神戸空港から新千歳空港までは、1時間ちょっとのフライトで、
フェリーの20時間とは比べるまでもない楽ちんさ。

娘いわく。
「すぐ着きすぎて、あんまり旅した感じが、せーへんなー」ですと…
すんません、恐れ入りました(笑)。


北海道入りは、こんな風にあっけなく済みましたが、
新千歳空港からバイクを引き取る苫小牧港までの移動が結構大変で、
空港駅から南千歳駅まで、ひと駅電車に乗って、ここから室蘭本線に乗り換えて、
最寄駅の沼ノ端駅まで行く予定でしたが、電車が出発してしまった後のようで、
40分も待たなければならないことが分かりました。

どっちみち、沼ノ端駅から苫小牧港まではタクシーに乗らなければならないので、
南千歳駅から苫小牧港までタクシーに乗ったところ、思いのほか時間がかかり、
久しぶりに、娘はヘロヘロの車酔い。

バイクだと酔わないのにねー。

なんとか、かんとか、港に辿り着き、1週間ぶりにGSと対面。
バイクは、何台か混載でコンテナに詰め込まれているのかと思ったら、
1台だけ積まれていてちょっとビックリ。
まだまだ、このシステムを利用する人が少ないのでしょうね。

早速、コンテナから降ろしてしてもらったGSにまたがり、スターターを押すと、
ちょっとグズりながらエンジンが掛かりました。(ムムム…?)

さあ、娘をリアシートに乗せ、2年ぶりの北海道ツーリングが始まりました~!

…と、思った矢先、港から数キロ走った時点で、エンジンがストールして、
いくらスターターを押しても、セルが回りません。
どうやら、バッテリーに異常があるような感じ。

幸い、幹線道路に居たので、遠くにガソリンスタンドの看板が見えました。
フルパッキングのGSの後ろを娘に押させて、フラフラになりながらスタンドに辿り着きました。

親切なスタンドのお兄さんに、バッテリーをジャンプしてもらったら、
なんとかエンジンが掛かりましたが、一度エンジンを切ると掛からない状態で、
どうやら、バッテリーが放電している様子。
a0155525_22175046.jpg


たった1週間の放置で、放電する筈もないのですが、原因不明のバッテリー異常は、
これからのツーリングのストレスになるので、思い切って札幌のBMW Motorradディーラーに電話して、
新品のバッテリーの在庫があることが確認できたので、札幌でバッテリー交換を行いました。


いきなり、出発早々アクシデントに見舞われましたが、札幌から仕切り直しで、
最北を目指す旅が始まりました。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-31 22:25 | Bike

パンジー観察日記 3  8月29日

天気予報を見て、今日は34℃とか表示されると、「ちょっと涼しい?」とか思ってしまう自分が怖い…
そんな、毎日ですが、この暑さは芽生えたばかりのパンジーにも大変なわけでして…。

a0155525_221257100.jpg


なんとか、毎日の換気と、水の補給と、日当たりを保つために、出勤前の時間が慌ただしいんですが、
そのかいもあって、ようやく育ちの良い双葉の間から、小さな本葉が見えてきました。

マス目によっては、ようやく種が割れて、芽が出始めたのもあるので、
今年はかなり発芽のバラツキが大きいですね。

やはり、この猛暑の中、芽を出すのも大変なようです。


ガンバレ、負けるな!
[PR]
by sueji99 | 2010-08-29 22:20 | Floweres

パンジー観察日記 2   8月23日

タネ撒きから、一週間のご無沙汰です。(笑)

この1週間、観察日記の更新が出来ていなかったのですが、
タネは順調に発芽してくれました。


これは、タネ撒きから5日後の、8月20日様子です。
a0155525_22224594.jpg


小さなタネにとっては、とっても重いはずのバーミキュライトの一粒を押し上げて
発芽が始りました。

そして、今日8月23日現在、小さな双葉を広げた状態のタネがチラホラ。
a0155525_22232816.jpg


今年の酷暑を避けるため、今は室内で発芽させているので、窓際に置いてはいるものの
日射量が足りなので、モヤシっ子も混じっていますが、1/2くらいのパレットから発芽が始りました。

ただ、逆に言うと、まだ1/2は芽が出ていない状態です。

これからは、十分な水分と、十分な日差しと、風通しがポイントとなりそうです。


発芽が落ち着くまで、毎回ドキドキの日々が続きます。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-23 22:26 | Floweres

気になるMONO  クールライドストレッチアンダーシャツ(ロングスリーブ)

今日も、関東と東海地方では38℃を軽く超えたようですね。とほほ

こんな日にバイクに乗るのと、0℃近い寒さの日に乗るのと、どちらを選びますか?
と、聞かれると、今なら0℃と答えてしまいそうです。(笑)


こんな、酷暑を乗り切るために、
この夏、バイク雑誌でよく取り上げられている「クールインナー」が気になっています。


この機能性インナーの存在は、以前から知っていたのですが、
現物を見たのは、先日、友達のライダーがメッシュジャケットの下に着用していた
RSタイチの「クールライドストレッチアンダーシャツ(ロングスリーブ)」が初めてでした。
a0155525_22263568.jpg


真夏に、長袖の、ハイネックの、それもピッチピチのインナーを着る発想が、よく理解出来なかったのですが、
ポイントは、この製品に使われている「テクノファイン」という生地にあるようです。


吸汗性と速乾性に優れ、非常に伸縮性に富んだこの生地が、肌に密着することによって、
汗を肌に貯めずに、すぐに外に発散させてくれるので、常に肌はサラサラ状態のようです。

そして、
汗が発散する時に、気化熱効果で体温の上昇を下げてくれるので、
常に肌をドライ&クールな状態に保てるのだとか。

確かに、コットンのTシャツだと、汗が生地に溜まってベトベトして気持ち悪い状態になりますねー。


そして、ハイネック&長袖が、強い直射日光から体を守ってくれるので、体力の消耗も少ないと言うんですよ。


んで、極めつけの一言が、
「このアンダーの上に、メッシュジャケットを着て走ると、裸で走るより涼しいですよ~」


う~ん・・・・


丁度、夏のセールで安くなっていたので、ポチっといってしまいました。


問題は、ピッチピチのシルエットに、我が体型が、見た目に耐えれるかどうか(笑)?


さて、効果の程はいかに…?
[PR]
by sueji99 | 2010-08-17 22:38 | 気になるMONO

パンジー観察日記 1   8月16日

あつい、暑いと言いながら、暦の上では、もう秋らしいです。
八月も残り半分。
今年は久しぶりにタネからパンジーを育ててみようと思います。

パンジーを秋から咲かせようと思うと、タネを撒くのは丁度このお盆の時期になります。

小学校の頃の、夏休みの宿題ではないのですが、
タネまきから開花までの観察日記を、花の成長に合わせて更新していこうと思います。

って、ちゃんと咲かなかったらどうしよう…(笑)


まず、パンジーのタネは、種苗メーカーのタキイの通販で取り寄せました。
最終的にはカラフルな寄せ植えのハンギングにしたいので、
同じ種類のパンジーの色違いのタネを仕入れました。
a0155525_21413462.jpg


仕入れたパンジーの種類は、「F1 ナチュレ」という花径3~4cmの小輪系で、
花付きが良く、育てやすい品種です。

色は、ブルー、クリアレモン、ローズピンク、そしてフロスティローズの4色。
(写真には、ローズピンクが写っていませんが…汗)

それから、今年初めて挑戦する品種で、「F1 マリボサ ミックス」というタネも取り寄せました。

このマリボサは、花径が5~7cmの中輪系で、「気まぐれパンジー」という、
ひと花ひと花に色幅のでる品種なので、ピーチ、ローズ、ラベンダー、オレンジ、
ブルーオーバーイエローという5色のミックスは、とても夢のある配色。



さて、こんなタネたちを無事発芽させるには、少しテクニックがいります。
というのも、タネを撒く時期が、この猛暑。

中途半端な撒き方をすれば、水枯れor水カビの洗礼が待っているので、
まずは最低限のツールを揃えます。

ということで、必要なツールをご紹介。
a0155525_21432552.jpg


写真の右上が、育種プレートと、ネームプレート

左上は、水を貯めるプレ―ト(今回は、バーベキューの時に使う、焼きそばプレートを使用)

写真の右下が、赤玉土

そして、左下が、バーミキュライト

以上が、タネまきに使用する主なツールです。

この他に、爪楊枝、新聞紙を用意します。



まずは、タネを一粒づつまくことができる「育種プレート」。

今回、水を貯めるプレートに使った「焼きそばプレート」の長さが、
育種プレートのサイズには少し足りなかったので、育種プレートを半分のサイズにカットして使用しました。
a0155525_21475675.jpg


このプレートには、288個のボックスがあって、その中にひと粒づつパンジーの種を撒いて行きます。

a0155525_223598.jpg

底には、水を吸い上げる穴があるので、その穴を埋めるために、
園芸の基本土として使う「赤玉土」を、数粒プレートの各穴に入れていきます。

そして、次に発芽するまでの培養土として使う「バーミキュライト」を、満遍なく敷き詰めます。
a0155525_21493850.jpg


バーミキュライトは、蛭石(ひるいし)を高温で焼結処理したもので、軽くて無菌処理されているので、
タネまき用としては最適な用土です。

バーミキュライトを、育種プレートに敷き詰めたら、「焼きそばプレート」に入れて、水を注ぎます。
a0155525_21501638.jpg

こうすると、育種プレートに敷き詰めたバーミキュライトが、底の穴から水を吸い込んで、
プレート全体に水を行き渡らせます。
これを、底面給水と言います。


こうして、タネまきの環境を整えた状態で、一粒づつタネを撒いて行きます。
a0155525_2151312.jpg


タネの撒き方は、水に濡らした爪楊枝の先にタネを引っ付けて、
そのタネを育種プレートのひと升に、ひと粒づつ撒いていきます。
a0155525_21514437.jpg


これは、とても根気のいる作業ですが、来るべき満開の花姿を思い描きながら、淡々と作業をしていきます。

そして、288粒のタネが撒き終わりました。

a0155525_21521589.jpg

どの個所に、どのタネを撒いたかを示すプレートを立てて、タネまきは完了です。
このプレートって、小学校の頃に撒いた、朝顔の種の側に立てたプレートと同じものなので、
余計に夏休みの自由研究気分が高まってきました。

a0155525_21525349.jpg

後は、乾燥しないように湿らせた新聞紙を被せて、発芽を待つことにします。

さあ、ちゃんと、出てこいよー!
[PR]
by sueji99 | 2010-08-16 22:03 | Floweres

すんごい夕焼けと、新メニュー

毎日暑いですねー。

こんなけ暑いと、昼間の釣りは、ちょっと身の危険を感じてしまいます。(笑)

なので、この時期はもっぱら陽が暮れてから、近くの海へ出かけます。


ギラギラの太陽も、ようやく六甲山の向こうに沈んでくれました。
a0155525_0225836.jpg


まあ、ここまではいつもの落陽シーンなのですが、今日はここからが凄かった。

陽が沈んだ山の対面の空が、ブルーからピンクに染まって行って…
a0155525_025155.jpg


入道雲も、オレンジ色に染め上げられて、
a0155525_0525025.jpg


その後、六甲山の上の雲が深紅に染まり、その空の色を映した海も赤く染まって、
魚を釣るのも忘れて、見とれていました。
a0155525_0273119.jpg



今日の夕焼けは、自分にとって今年のNo.1の夕焼けでした。


陽も完全に落ちて、夜の帳が迫って来た頃、ようやくタチウオのラッシュが始まりました。
a0155525_0301015.jpg


今日は釣れ出しが遅かったので、10匹止まりでしたが、サイズはちょっとマシになってきましたねー。


さて、今夜はタチウオ料理の新メニューにチャレンジしました。

そのメニューは、『明石名物・タチウオのくぎ煮』です。

神戸から明石にかけて、春にイカナゴの稚魚が回り出すと、各家庭でくぎ煮を作りますが、
実は明石では、タチウオでもくぎ煮を作ります。

イカナゴに比べて、一般的にはマイナーな料理ですが、実は明石では有名な名物料理なんですね。

それでは、早速レシピをご紹介します。

【材料】

・タチウオ (三枚に卸して、正味1kg)
・しょうゆ 1カップ
・酒  1/4カップ
・砂糖 300g
・ショウガ 1片

【作り方】

1、タチウオを三枚に卸して、幅1.5cm位の細切りにします。
a0155525_0385751.jpg

2、フライパンに調味料を全て入れて、煮立ったら、タチウオを投入。
a0155525_0403272.jpg

3、アルミホイルを落とし蓋にして、強火で炊いていき、泡に粘り気が出たら弱火にします。
a0155525_0415963.jpg

4、弱火で煮詰めて、煮汁が少なくなったら火を止めて、ザルにあけて汁気を切れば出来上がり~。
a0155525_0433551.jpg


ポイントは、スライスしたショウガと共に、千切りにしたショウガを加えると、
タチウオのふっくらした食感に、しゃきっとしたショウガの風味がマッチして、
ご飯のおかずにも、酒の肴にもピッタリ!

冷蔵庫で保存が効くので、明日からチビチビ食べたるねん。(笑)



今日の海は、目にも舌にも嬉しい海でした。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-09 00:58 | Fishing

国内発売決定

先日、アメリカでの発売が発表された、SONY NEX-VG10の国内発売がリリースされました。

9月10日の発売で、実勢価格は20万円前後ということです。

リリースを見る限り、先日アメリカで発表された仕様と同じようです。
a0155525_2213218.jpg


やはり、E18-200mm F3.5-6.3 のズームレンズは、同梱される形ですね。
ボディの重量は、524g。
ちなみに、EOS Kiss X4のボディ重量が475g。
ムービーカメラとしてのフォルムで、交換式レンズを装着できるというメリット(ビデオカメラとしての
構えやすさ)を考えると、コンパクトな重量に仕上がっていると思います。

はてさて、世界初のレンズ交換式の家庭用HDビデオカメラ。

色々な評価が出てくると思いますが、まずは自分で一度触ってみたいと思います。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-06 22:25 | Movie

気になるMONO ランタン・スタンド

ツーリングキャンプの夜を照らしてくれる小型ランタン。

自分は、かなり昔の型のイワタニ・プリムスのガス式のランタンを使っています。
(こちらのご紹介は、また今度)


ひとり、ふたりでキャンプする時は、焚き火の明かりで十分なんですが、
グループでキャンプする時には、全体を照らすランタンの明かりがあると
何かと便利なんですよね。

小型のランタンは、主に足元や、せいぜい折りたたみ式のローテーブルの上に置くことが多いのですが、
これでは回り全体を照らすことができません。

オートキャンプの人達は、自立式のランタンスタンドを持って来ている人が多いのですが、
あれは折りたたんでも90~100cmもの長さなので、バイクに積むには長すぎるし、
重量も1.5kg~1.7kgのものがほとんどで、重すぎます。

バイクでのキャンプの場合、地べたに近い生活スタイルなので(笑)、そんなに高いスタンドはいりません。
そのかわり、軽くてコンパクトに収納できるスタンドは無いものかと探していたら、ありました。

「DUG 焚火缶トライポッド」
a0155525_21555636.jpg


名前の通り、焚火缶というお湯などを沸かす缶を、焚き火の上に吊るすための商品のようですが、
組み立てた高さが約80cmで、収納時の長さが約39cm。
素材はアルミ製なので、重量も423gと、めっちゃ軽量。

そして、価格はナイロン製の専用収納袋も付いて、1,960円!とは、今すぐ買いでしょう。


このスタンドは買うつもりなので、いづれ実際のキャンプでインプレしてみたいと思います。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-04 21:59 | 気になるMONO

グレート ジャーニー

私たち人類の祖先は、今から700万年前にアフリカで誕生したと言われています。

この700万年という気の遠くなる年月の間に、人類の祖先は、アフリカからユーラシア大陸を横切り
シベリアからアメリカ大陸に渡り、そして行き着いた先が、南米のパタゴニア。

この人類の大旅行を、イギリスの考古学者・ブライアン・M・フェイガンは、
「グレート ジャーニー」と名付けました。

人類の祖先がたどった、アフリカから、パタゴニアまでの距離が50,000kmだそうです。



なにやら、大層な書き出しになってしまいましたが、
GSの走行距離が、ようやく50,000kmに達しました。(笑)
a0155525_14345497.jpg


人類の祖先の、大旅行とは比べるべくも無いのですが、
自分にとっては、様々な思い出の詰まった50,000kmです。

これをひとつの通過点として、もっともっとGSと共に、思い出を増やして行きたいと思います。





そんな記念すべき日に、ふらっと兵庫県の日本海側をツーリング。

先日から、舞鶴若狭自動車道が無料になったので、気軽に日本海に行けるようになりました。



今まであまり気付かなかったんですが、兵庫県の日本海側の漁村には、
板壁の家が多いんですね。
a0155525_1437259.jpg

なんだか、昭和の香りがして、良い雰囲気です。


気持ちのいい海岸沿いのワインディングの途中にある、お気に入りの無人駅に立ち寄りました。

ここは海の見下ろせる駅として、知る人ぞ知る駅。

a0155525_14375629.jpg

列車を待つ人が誰もいない駅の、使われなくなった引き込み線に夏草が茂り、
遠くに聞こえる潮騒の音をかき消す蝉時雨が、小さな駅を包み込んでいました。
[PR]
by sueji99 | 2010-08-01 15:08 | Bike