Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

神戸港沖堤のタチウオと大アジ 

この夏、今までのところ神戸港のタチウオはイマイチですねー。
沖に出ると、ちょっとはマシかも?・・ってことで、久しぶりに神戸港の沖堤に上がってきました。

スタートフィッシングは、AM4:30。
真っ暗な中、まずは様子見のため定番のマナティーのワインドから。
うーん、反応なし。

では、マナティーから匠魚にチェンジして、ダートスピードを落としてヤンワリしゃくって来ると、
足元10m位のポイントで、ドン!
a0155525_2123229.jpg


この時期にしてはグッドサイズの95cm。
a0155525_21242084.jpg


そうこうしている内に、夜も明け始めてくると、目の前の海がイワシのボイルでえらいことになってきました。

ルアーをZZ-STAPにチェンジして、表層をリフト&フォールしてみると、ゴツンという当たり。
結構走ります。
抜き上げてみると、ツバス?いや、ツバスサイズの大アジでした。
a0155525_21245482.jpg


ボイルの正体は、この子たちのようです。
サイズを測ってみると、36cm。
アジもこれくらいのサイズになると、立派な青物ですね。
a0155525_21254976.jpg


ただ、ワームのアジングと同じで、当たりは頻繁に出るものの、なかなかフッキングしてくれません。
結局、3匹ゲットでボイル終了~。

でも、サイズが良いので、満足。

折角のグッドサイズなので、1匹はお刺身用にするため神経〆。
a0155525_21271835.jpg

まずは、眉間の間のちょっと柔らかいところが急所なので、ここにブスっと穴を開けます。(あいたたた・・)

そして、その穴から背骨に沿って針金を尻尾まで通すと、神経〆は完了。
a0155525_21311435.jpg

この状態で血抜きすると、より美味しいお刺身がいただけます。


そんなことをしていたら、4~5人向こうのお兄さんのロッドが大きく曲がっています。
しばらく見ていても、ドラグが出まくって、全然上がって来る気配なし。
ロッドのティップを叩いているので、青物には違いない。

さて、このお兄さん、シーバスロッドでメジロらしき獲物を掛けちゃったので、
堤防の上を右に左に引っ張られながら、格闘すること約40分!

そして上がってきたのは、メジロサイズを遥かに超えたブリ!
この夏、神戸港でパラパラとブリが上がっているのは聞いていましたが、目の前で見るのは初めてです。

ようやく水面に浮かせて、タモを入れたら、余りの重さにタモの柄が、バキっと折れてしまいました。(驚)
で、ようやくランディングに成功して、測ってみると90cm・7kgオーバーの超立派なブリ君でした。
a0155525_21365873.jpg


みんなでブリとのファイトを応援して、堤防中が大盛り上がりで、むっちゃ楽しかったです。

さあ、これでテンションマックス!
来週も出撃しようかなー。(笑)


そして、今晩のメニューは、ますはこれ。
アジのタタキ。
a0155525_21401621.jpg

肉厚で脂の乗った身に、おろし生姜のピリッとした風味が最高!

残りは、梅干を入れた甘辛味の煮付けにしました。
a0155525_2140513.jpg

今まで、あまりアジの煮付けはしなかったのですが、これくらいボリュームのある身だとホクホク感がたまりませんです。

明日は、タチウオをハーブを効かせたムニエルにして、パスタ料理にしようと思います。

こりゃやっぱ、来週も行くしかないね!
[PR]
by sueji99 | 2014-08-30 21:49 | Fishing