Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

モンゴルツーリング用ポケットリグ

今回のモンゴルツーリングは、撮影機材も含めて20kg以内に荷物をまとめなければならなかったので、
リグ関係も極力コンパクトで、軽いものにする必要がありました。

そのために、トルコのedelkroneというメーカーの機材を2つ持っていきました。

ひとつは、以前ご紹介したこのスライダー
a0155525_15422012.jpg

                            SliderPLUS V2 Small

そして、もうひとつがコレ。「ポケットリグ」
a0155525_15452454.jpg


一眼ムービーを撮影する際に、手持ちでのブレを極力抑えるためのスタビライザーです。

素材はしっかりしたアルミ&ステンレス製なので、見た目よりもずっしりとした質感ですが、重量は595g。

使い方は、合体ロボ的な面白さがあって、
まず、フォローフォーカスなどを取り付けるアームが、折りたたまれて収納されているので、それを伸ばします。
a0155525_1556119.jpg

a0155525_15561125.jpg

a0155525_15561929.jpg


続いて、カメラを肩に押し当てて固定するアームを伸ばします。
a0155525_15574237.jpg

a0155525_15575143.jpg

a0155525_15583100.jpg

このアームは長さと、角度が調節できます。

さて、これにカメラを着脱しやすいように、いつものVelbonのクイックシューを取り付け、
カメラとフォローフォーカスをセットするとこんな感じ。
a0155525_1633491.jpg


どうです?今まで使っていたユニバーサルホルダー↓に比べて、このコンパクトさ。
a0155525_1664669.jpg

カメラの安定感と、構えた時の自由度も、ポケットリグに軍配があがります。

ただ、今回のモンゴルツーリングは、たくさんのライダーと行動を共にするので、
カメラのセッティングに極力時間を掛けずに、ウエストバッグからサッとカメラを取り出して、パッと撮影を始めたいなー、と。

そうするためには、まだちょっとボリューミーなんですよね。
a0155525_16105692.jpg


と、いうことで、今回はコンパクトな収納を最優先にして、フォローフォーカスの装着を諦めることにしました。
そうなると、フォローフォーカス用のロッドが必要なくなるわけでして・・・

で、よく見ると、折りたたんだロッドを収納している下部ケースは、3本のヘキサゴンボルトで固定されているだけなので、試しにはずしてみると、簡単に2つに分解できました。
a0155525_16175140.jpg


そして、ロッドケースを取り外して、カメラをセットしたのがコチラ。
どうですか?このコンパクトさ!
a0155525_16184974.jpg

a0155525_161901.jpg


これで、スタビライザーを付けたまま、ウエストバッグにカメラを収納することが可能になり、
サッとアームを伸ばして、液晶ビューファインダーをカパッと付ければ、即手持ち撮影に入れるようになりました。

これ、マジで使い易いです。
導入、大正解でした。
[PR]
by sueji99 | 2014-08-16 16:28 | Movie