Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

武庫一の大サバ

毎年、この時期はスルメイカで賑わうはずの武庫川一文字ですが、今年はイカの姿はありません。

その替わり、今までにない大サバフィーバーに沸いています。

て、ことで行って参りました。


連日、40cmオーバーのサバがバンバン上がっているので、混雑は覚悟で午前4時過ぎに渡船乗り場に到着しましたが、
なんと!駐車場に入る車の列が1km以上続いてます~。(笑)

ま、そこは単車の利点を活かして、てれてれてれ~、と渋滞列の脇を抜けて受付に到着。

でも、この時間でも1番船は出港の後でした。(汗)
(この日は、午前5:30で入場制限になったようです・・)

なんとか2番船で無事に一文字に渡り、まずは薄暗い中、ルアーでサバを狙いますが、ヒットしたのは大きなクサフグのみ。(泣)

そうこうする内に、夜も明けた午前5時前にお隣さんのサビキにサバがヒット!

オキアミについた魚は、まあルアーでは釣れないので、ここは潔ぎ良く(?)サビキにチェンジ。
2ヒロの浅い棚で、12号のウキがズボッ!と消し込まれました。

しっかり合わせを入れてから寄せてきますが、ツバス並みに右に左に走ります。
足元でも、ドラグを出しながら下に突っ込むのに耐えて、上がって来たのは36cmのサバ君でした。
a0155525_22245880.jpg

このサイズでも、なかなかのファイトです。

このあと連荘でウキが入りますが、合わせが甘かったのか、2連続バラシ!(ヘタ)

モタモタしているうちに、あっと言う間に群れが移動してしまったのか?アタリが消えてしまいました。

この後、周りに無言の時間が流れていきますが、時折、単発でヒットしているので、粘っていたら、
ようやくズボっ!

ガツンと合わせて、慎重に抜き上げると、今度は39cmのサバでした。

どうやらこの日は、昨日までのサバフィーバーはやって来なかったので、2匹で納竿となってしまいましたが、
痛みの早いサバを、そんなにたくさん釣っても食べきれないので・・と負け惜しみ。
a0155525_22252781.jpg




折角、釣れたので、あとは美味しくいただきましょう。

今回も一品目は定番の、キズシ(しめ鯖)で。
a0155525_22254235.jpg

下ごしらえの塩漬けと、漬け込む酢、酒、水、砂糖の配合がバッチリいったので、昆布を入れずとも、極上のコクのある味になりました。

サバは、生食ではアニサキスが怖いので、釣れたら直ぐに〆て血抜きをしてから、即効で腹を出して潮氷でキンキンに保存します。

そうそう、このサバの胃袋から、小さな舌平目が出て来ましたよ。
なかなか、グルメな奴ですわ。(笑)

そして、もう一匹は定番の塩焼きや味噌煮は今回はパスして、竜田揚げ風に。
a0155525_22262644.jpg

漬け込む時に、酒と醤油に多目の生姜汁を加えたのが大正解!

片栗粉をからめて、サッと揚げた後、あつあつのまま、醤油・酒・砂糖の漬けダレにジュワっと浸して盛り付け。

サイズの割りに、肉厚のサバなので、外はサクサク、中はスワフワ。
ちょっと甘めにした漬けダレが、絡まってウマウマでした。



次の休みに、まだ群れの回遊があれば、もう一回行きたいなー。

価値ある二匹でした。
[PR]
by sueji99 | 2014-06-24 22:44 | Fishing