Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

アブシン

アブシン、ってご存知ですか?

あまり市場には出回りませんが、アイナメという魚がいます。
淡白で上品な味の白身魚で、釣り人の間では高級魚の一種です。

旬は、秋から冬で、30~40cmに成長した成魚は、脂が乗って
別名「アブラメ」という呼名があります。

アブラメの新子(幼魚)」だから、アブシン。
この時期の、神戸港の旬の釣り物のひとつです。


梅雨を通り越して、いきなり真夏のような日が続いていましたが、
その好天もどうやら今日までのようなので、
早起きをして、そのアブシン釣りに行ってきました。

a0155525_21211675.jpg

早起きは何とやら…という言葉は、この光景を拝むためにある言葉なんだと思ってしまいます。(笑)





釣り方は、いたって簡単。
メバルや、ガシラ(カサゴ)釣りと同じように、胴突き仕掛けか、中通しオモリの一本針仕掛けに、
餌のシラサエビの尻尾をチョン掛けして、波止の継ぎ目に沿って仕掛けを一旦底まで落として、
着底後、ゆっくり巻き上げていくと、「ココッ!ン」と食ってきます。

メバルやガシラは、底付近でヒットするのに対して、アブシンは中層~上層でヒットすることが多いです。



どの位のサイズのアイナメを「アブシン」って呼ぶのか判りませんが、
今日釣れたサイズは、7~8cm程のサイズから、20cm近いサイズまで幅広かったです。
a0155525_21232456.jpg



んで、食べ方は、ちびっこサイズはそのまま、
中型サイズは三枚におろして、塩コショウ&小麦粉をまぶして唐揚げにしました。


釣った小魚は唐揚げにすると、全て美味しく食べれるので、お勧めの頂き方ですが、
ある程度の大きさになると骨も堅いので、ちょっと面倒ですが、三枚におろして
身と中骨を別々に揚げると、それぞれの美味しさが楽しめると同時に、
食べる時に、骨をとる面倒もないので、家族には好評です。

ポイントは、中骨を二度揚げにすること。
こうすることで、食感は、パリッパリの「せんべい」になります。

揚げる油の量は、直径20cm程度のフライパンに、魚が半分程度浸るくらいの少量でOKなんですが、
油温は、高すぎず低すぎずの180℃程度にキープ。
a0155525_21235226.jpg


小魚を三枚におろすと、中骨にはいっぱい「身」が付いているので
ふわっとした食感の「身」と、カリッとした中骨の「骨せんべい」の、二つの味が楽しめて、
家族いわく「身も旨いけど、骨の方がもっと旨かった」と言う、なんとも贅沢なコメントを
引き出す結果ともなるわけで、釣りは帰ってきた後の「ひと手間」が大事なんですよね。


…って、これが結構、釣り人にとっては、過酷な「行」ではあるのですが…(笑)
[PR]
by sueji99 | 2010-06-12 21:44 | Fishing