Fishing Riding

sueji.exblog.jp
ブログトップ

おにゅう林道2014

家族から「鯖の浜焼きが、食べたーい!」というリクエストが出たので、
久しぶりに日本海までツーリング。

日本海の鯖・・と言えば鯖街道ですね。

京都から湖西を北上して、朽木を目指します。
安曇川に注ぐ小さな川を遡って行くと、
a0155525_22501492.jpg


道の脇には、もうススキが銀色に光っています。
a0155525_239029.jpg


道はだんだん細くなり、すぐ横を清流が流れています。
a0155525_22514537.jpg


目指すのは、滋賀県朽木と福井県小浜を繋ぐ、ダートの鯖街道・林道小入谷(おにゅうだに)線。
a0155525_22535697.jpg


舗装された1~1.5車線のつづら折れの道を駆け上がっていくと、県境の峠に到着してしまいました。
以前来た時は、峠に至る道はダートだったのですが・・・残念。

峠からは、遠くに日本海が見渡せました。

この峠を下って行きたいのですが、林道の先には「通行止め」の表示のついた車止めが置かれています。
峠にはXR250のライダーさんが居て、お互い「通れますかねー?」としばし思案。

XRさんが、「行ける所まで行って、ダメなら戻ってきますよ」という、林道ライダーならではの結論。(笑)
峠を下って行ったXRさんが戻ってくる気配がないので、自分もダートを下って行きました。
a0155525_2322798.jpg

ダート脇のガードレールが、グニャグニャになっているのは、誰かが悪戯したのではなく、
冬に積もった雪によって、押しつぶされた跡なんですね。
ここは、豪雪地帯です。

しばらくすると、段々路面が荒れてきて、慎重にGSで轍と落石を避けながら下って行くと、
先程のXRさんが戻って来て、「この先は、道路が崩落していて、通れませんでしたー」ということでした。(泣)

仕方がないので、ガレたダートをUターンして、フラットダートになったところで記念撮影。
a0155525_2375381.jpg


我々世代の林道ライダーは、みんな一旦行けるとこまで行ってみる・・という行動パターンが面白いです。

この日は、抜けるような青空。
気持ちいい峠まで戻って、ランチ&カフェタイムとしましょう。
a0155525_23121368.jpg


リアボックスに積んできたシングルバーナーと、小さなコッフェルで一人分のランチを作ります。
a0155525_23133262.jpg


積載に余裕のあるGSなので、小さなテーブルと折りたたみイスを積んで来ました。
これらがあるだけで、食後のコーヒータイムをゆったりと楽しめます。
a0155525_23153022.jpg


峠からはハイキング道が始まっていて、少し分け入ってみると、ブナの林が続いていました。
a0155525_23163441.jpg


今回は残念ながら、古い鯖街道の峠を越えて日本海には下れませんでしたが、
ゆったりと林道ランチ&カフェを楽しめたので良しとしましょう。

この後、国道367号線まで下って、今津から国道303号線という一番メジャーな鯖街道を通って、
無事、小浜で鯖の浜焼きを買って、今回のツーリングのミッションは完了です。
a0155525_232250100.jpg


帰りは、小浜から国道162号線・周山街道を快走して、篠山から神戸に帰り着きました。
琵琶湖から日本海を回って京都~神戸に至る反時計回りの下道ツーリング。

あー、気持ちよかった!
[PR]
# by sueji99 | 2014-10-21 23:32 | Bike

神戸港沖堤のタチウオ

久しぶりに、良い感じにタチウオが釣れたので、少し前の釣行ですが、レポートします。

ちょっと前の休日前に、神戸港の沖堤(高さがあって、梯子が少なくて、堤防上のスペースが狭いあそこです・・)で、タチウオが良い感じ・・っていうレポートを見て、夕方前の渡船で出撃。
a0155525_22243496.jpg


休日ともなれば、入場制限がかかるあの人気沖堤とは全くの異世界で、渡った時点で堤防には10人未満。
のんびりセッティングしていると、もうひとつの渡船屋さんの船で数人のアングラーが渡って来た中に、一目でわかるあの方が・・(笑)

ここが良い感じよ・・と情報を流していたあの会社の大将でした。あはは

お久しぶりのご挨拶もそこそこに、海の状況やおススメカラーの情報をいただきました。
情報では、定番のパールホワイトより、クリア系の方が食いは良いようです。

日の高いうちは、タチウオの当たりはありませんでしたが、大将の側でしゃくっていた方に、サゴシではなくグッドサイズのサワラがヒットして、ひとしきり盛り上がった後、いよいよタチウオタイムです。

17:00過ぎにファーストヒット。
a0155525_22332767.jpg

カラーはやはり、クリア系のピンクバック。

日が傾いてくると、威力を発揮するのが、このケイムラ・シルバーパール。
a0155525_22351532.jpg

このカラーで、数匹確保したところで、一旦アタリが止まりました。

そうこうしていると、大将から「ケイムラ・クリアオレンジ! タナは浅め!」という情報が回ってきたので、カラーチェンジをすると・・
a0155525_22374963.jpg

ガッツン!ガッツン!とアタリまくり。

でも、ワンキャストでマナティーがボロボロになるので、ちょっと反応良すぎかも・・?

このカラーで、数本キャッチしたところで、辺りは真っ暗になりました。

さて、暗くなったら匠魚・・というローテンションですが、この日は匠魚のゆっくりワインドに反応がありません。
あれ?と思っていると、大将の隣の方はマナティーのケイムラ・ブルーファントムでポンポンと釣り上げています。

生憎、このカラーの持ち合わせは無かったので、比較的近いカラーのスーパーグローのマナティーを、
日のある時間帯のキツメのシャクリで誘ってみると、ドン!ドン!ドン!と連発しました。

いちがいに、暗くなったら=匠魚のゆっくりワインド・・という決め付けがダメってことですね。
おそらく、この日は澄み潮だったので、クリア系に反応が良く、日が落ちてからも、透明度が高い水の中でマナティの早い動きにタチウオが追随できたのだと思います。

得てして、今までの経験上、釣れる色を自分で固定してしまう傾向があるので、
潮の色に合わせて、カラーチェンジする勉強を改めてさせてもらいました。

結果、ルアーの回収前の足元でヒットしてきた、F2サイズをクイックリリースして、
a0155525_2249276.jpg

F3~F4サイズを10匹キープして納竿としました。


今年は、夏タチが全くダメだったので、そのかわり秋タチは良い感じに釣れていますね。

また、近いうちに行こうと思います。
[PR]
# by sueji99 | 2014-10-02 22:58 | Fishing

神戸港沖堤のサゴシとタチウオ

先々週に引き続き、神戸港の沖堤に渡ってきました。

長年愛用していたタチウオロッド・Justace ショアタチも、そろそろ限界かな?ってことで、
shore WINDER 832KMst に買い換えての初釣りです。
さて、入魂なるか?

暗いうちから、タチウオ狙いでマナティーと匠魚で探りますが、どうも反応がありません。

ちょっと嫌な雰囲ですが、ようやく東の空が明るくなってきた頃、匠魚ブルー・ファントム/シルバーラメ75mmにガツン!としたあたり。

これじゃなくっちゃ!と巻き上げて来ると、結構な重量です。
抜き上げてみると、尻尾切れですが、F4のグッドサイズ。(顔がイカツイ)
a0155525_22245833.jpg

匠魚の尻尾が、食いちぎられていました・・

この後、タチウオを2匹追加したところで、痛恨のラインブレイク。
ランディングしたタチウオの歯に、PEラインが触れてしまったようで、本線がスッパリやられてしまいました。

これで短い時合を完全に逃してしまって、「あーあ」と思っていたら、
ぽつぽつと、海面にボイルが出てきたので、青物が入って来たようです。

気を取り直して、ワームをケイムラオレンジにチェンジして、タチウオ用のやんわりとしたシャクリから、
キビキビとしたシャクリのピッチに変えると、タチウオと違うあたりをキャッチ。

慎重に抜き上げると、45cm位のサゴシでした。
a0155525_22375973.jpg


この日は、エソの猛攻が凄くて、当たりのほとんどが、E・S・O!(笑)
その中で、もう一匹サゴシを追加して、納竿としました。
a0155525_22392411.jpg



さて、今晩のおかずは・・・

まずは、サゴシの刺身。
a0155525_22405100.jpg

釣ってすぐに、血抜きをしてワタを抜いて氷〆にしているので、鮮度抜群。
もっちりとした身が、旨い。
生のサゴシは足が早いので、この味は釣り人の特権です。

F4のタチウオは、明日の塩焼きにするとして、レギュラーサイズのタチウオは三枚におろして、
まずはバジル風味のソテー。
このままじゃ、いつもの味なので、今回はひと手間かけてイタリアン風に。
a0155525_22444071.jpg


オリーブオイルにニンニクで風味をつけて、タマネギとシメジを炒めて、トマトソースを作り
ソテーしたタチウオに絡めてみました。

バジルを利かせたソースが、ふわっとしたタチウオにしみこんで、めちゃウマ。

おススメです。
[PR]
# by sueji99 | 2014-09-14 22:54 | Fishing

神戸港沖堤のタチウオと大アジ 

この夏、今までのところ神戸港のタチウオはイマイチですねー。
沖に出ると、ちょっとはマシかも?・・ってことで、久しぶりに神戸港の沖堤に上がってきました。

スタートフィッシングは、AM4:30。
真っ暗な中、まずは様子見のため定番のマナティーのワインドから。
うーん、反応なし。

では、マナティーから匠魚にチェンジして、ダートスピードを落としてヤンワリしゃくって来ると、
足元10m位のポイントで、ドン!
a0155525_2123229.jpg


この時期にしてはグッドサイズの95cm。
a0155525_21242084.jpg


そうこうしている内に、夜も明け始めてくると、目の前の海がイワシのボイルでえらいことになってきました。

ルアーをZZ-STAPにチェンジして、表層をリフト&フォールしてみると、ゴツンという当たり。
結構走ります。
抜き上げてみると、ツバス?いや、ツバスサイズの大アジでした。
a0155525_21245482.jpg


ボイルの正体は、この子たちのようです。
サイズを測ってみると、36cm。
アジもこれくらいのサイズになると、立派な青物ですね。
a0155525_21254976.jpg


ただ、ワームのアジングと同じで、当たりは頻繁に出るものの、なかなかフッキングしてくれません。
結局、3匹ゲットでボイル終了~。

でも、サイズが良いので、満足。

折角のグッドサイズなので、1匹はお刺身用にするため神経〆。
a0155525_21271835.jpg

まずは、眉間の間のちょっと柔らかいところが急所なので、ここにブスっと穴を開けます。(あいたたた・・)

そして、その穴から背骨に沿って針金を尻尾まで通すと、神経〆は完了。
a0155525_21311435.jpg

この状態で血抜きすると、より美味しいお刺身がいただけます。


そんなことをしていたら、4~5人向こうのお兄さんのロッドが大きく曲がっています。
しばらく見ていても、ドラグが出まくって、全然上がって来る気配なし。
ロッドのティップを叩いているので、青物には違いない。

さて、このお兄さん、シーバスロッドでメジロらしき獲物を掛けちゃったので、
堤防の上を右に左に引っ張られながら、格闘すること約40分!

そして上がってきたのは、メジロサイズを遥かに超えたブリ!
この夏、神戸港でパラパラとブリが上がっているのは聞いていましたが、目の前で見るのは初めてです。

ようやく水面に浮かせて、タモを入れたら、余りの重さにタモの柄が、バキっと折れてしまいました。(驚)
で、ようやくランディングに成功して、測ってみると90cm・7kgオーバーの超立派なブリ君でした。
a0155525_21365873.jpg


みんなでブリとのファイトを応援して、堤防中が大盛り上がりで、むっちゃ楽しかったです。

さあ、これでテンションマックス!
来週も出撃しようかなー。(笑)


そして、今晩のメニューは、ますはこれ。
アジのタタキ。
a0155525_21401621.jpg

肉厚で脂の乗った身に、おろし生姜のピリッとした風味が最高!

残りは、梅干を入れた甘辛味の煮付けにしました。
a0155525_2140513.jpg

今まで、あまりアジの煮付けはしなかったのですが、これくらいボリュームのある身だとホクホク感がたまりませんです。

明日は、タチウオをハーブを効かせたムニエルにして、パスタ料理にしようと思います。

こりゃやっぱ、来週も行くしかないね!
[PR]
# by sueji99 | 2014-08-30 21:49 | Fishing

空飛ぶワンコ

昔は、ヘリコプターやセスナ機を飛ばさなければ撮れなかった空撮映像が、
マルチコプター(プロペラが複数枚あるラジコンのヘリコプター)にGoProを付けて、
簡単に撮影できるようになりました。
a0155525_2391870.jpg


例えば、こんな感じ・・


風の影響や旋回の操作などで、マルチコプターの機体が傾いても映像ブレないのは、
GoPro本体をホールドする2軸(もしくは3軸)ブラシレスジンバルが働いているから。
a0155525_2323314.jpg

ジンバルの話を書きだすと長くなっちゃうので簡単に言うと、GoPro本体をホールドするケージに取り付けられた複数のモーターがカメラの傾きを瞬時に補正して、常にGoProが決められた方向を向くようにしてくれるキカイです。


ただ、マルチコプターを正しく安全に飛ばすには、熟練した操作がいりますよね。
あと、一番の問題は、マルチコプターを操作している人はライダーとして映らないということ・・(笑)


そこで!今、このAirDogに大注目。
a0155525_2335317.jpg


見かけは、GoProを積んだマルチコプターですが、一番のポイントは腕時計タイプのコントローラー↓を
手首に付けて走ると、ライダーを常にカメラフレーム内に捉えながら自動追尾してくれるんです!!
a0155525_23121461.jpg


離陸も着陸も自動で行い、撮影する高度やアングルも設定できて、バッテリーが無くなりそうになると、自分で離陸したポイントまで帰っていくらしい!

この「空飛ぶワンコ」、カシコスギル。


折りたたむと、こんなにコンパクトになるそうな。
a0155525_23214850.jpg


実際、日本では河川法や公園法などの規制があって、マルチコプターを飛ばせる場所が少ないようなので、これをモンゴルの草原に持っていって、ツーリングシーンを空撮できれば楽しいだろうなーと、空想してみる
今日この頃です。
a0155525_232977.jpg

ああ、こりゃまだ、モンゴル病が継続中だな。(笑)
[PR]
# by sueji99 | 2014-08-21 23:30 | 気になるMONO

モンゴルツーリング用ポケットリグ

今回のモンゴルツーリングは、撮影機材も含めて20kg以内に荷物をまとめなければならなかったので、
リグ関係も極力コンパクトで、軽いものにする必要がありました。

そのために、トルコのedelkroneというメーカーの機材を2つ持っていきました。

ひとつは、以前ご紹介したこのスライダー
a0155525_15422012.jpg

                            SliderPLUS V2 Small

そして、もうひとつがコレ。「ポケットリグ」
a0155525_15452454.jpg


一眼ムービーを撮影する際に、手持ちでのブレを極力抑えるためのスタビライザーです。

素材はしっかりしたアルミ&ステンレス製なので、見た目よりもずっしりとした質感ですが、重量は595g。

使い方は、合体ロボ的な面白さがあって、
まず、フォローフォーカスなどを取り付けるアームが、折りたたまれて収納されているので、それを伸ばします。
a0155525_1556119.jpg

a0155525_15561125.jpg

a0155525_15561929.jpg


続いて、カメラを肩に押し当てて固定するアームを伸ばします。
a0155525_15574237.jpg

a0155525_15575143.jpg

a0155525_15583100.jpg

このアームは長さと、角度が調節できます。

さて、これにカメラを着脱しやすいように、いつものVelbonのクイックシューを取り付け、
カメラとフォローフォーカスをセットするとこんな感じ。
a0155525_1633491.jpg


どうです?今まで使っていたユニバーサルホルダー↓に比べて、このコンパクトさ。
a0155525_1664669.jpg

カメラの安定感と、構えた時の自由度も、ポケットリグに軍配があがります。

ただ、今回のモンゴルツーリングは、たくさんのライダーと行動を共にするので、
カメラのセッティングに極力時間を掛けずに、ウエストバッグからサッとカメラを取り出して、パッと撮影を始めたいなー、と。

そうするためには、まだちょっとボリューミーなんですよね。
a0155525_16105692.jpg


と、いうことで、今回はコンパクトな収納を最優先にして、フォローフォーカスの装着を諦めることにしました。
そうなると、フォローフォーカス用のロッドが必要なくなるわけでして・・・

で、よく見ると、折りたたんだロッドを収納している下部ケースは、3本のヘキサゴンボルトで固定されているだけなので、試しにはずしてみると、簡単に2つに分解できました。
a0155525_16175140.jpg


そして、ロッドケースを取り外して、カメラをセットしたのがコチラ。
どうですか?このコンパクトさ!
a0155525_16184974.jpg

a0155525_161901.jpg


これで、スタビライザーを付けたまま、ウエストバッグにカメラを収納することが可能になり、
サッとアームを伸ばして、液晶ビューファインダーをカパッと付ければ、即手持ち撮影に入れるようになりました。

これ、マジで使い易いです。
導入、大正解でした。
[PR]
# by sueji99 | 2014-08-16 16:28 | Movie

モンゴルツーリング・ムービー ~KHENTEE FLOWER TRECK 2014~

この夏旅して来た、モンゴルのツーリングムービーが完成しました。

スピードを競うでもなく、バイク自慢をするでもなく、グルメだ温泉だと贅沢を求めるわけでもない非日常的なこのツーリング。

初めて出会った見知らぬライダー同士が、まったりしながら、笑顔で語り、時に助け合い、同じ空を眺め、同じ花に酔い、同じ星を見上げたあの空気感を表現できたら・・という想いで作ってみました。



あー、またあのどこまでも続く花畑の中を走りたくなってきた。

モンゴルの旅は、帰って来てからもずっと心の中で続いている・・・ってのは、ホントだな。
[PR]
# by sueji99 | 2014-08-10 00:36 | Bike

モンゴル・ツーリング2014

オートバイで旅をすることが好きな人間にとって、
ここは生きてたどり着くことができる、ひとつの天国なのかも知れない。
a0155525_192846.jpg


轍のような道の両側に続く、なだらかな草原。
a0155525_2101833.jpg


その草原の向こうに湧き上がる入道雲。
a0155525_212379.jpg


ゆるやかに続く、草原の道を駆け上がると、
a0155525_2142274.jpg


行く手を遮る水の流れ。
a0155525_2154727.jpg


川底の石にハンドルを取られながら、ライディングの基本を忠実に思い出し、ひとつづつクリアしていく喜び。
a0155525_2174873.jpg


ひとつの難所を越えるたび、仲間とその喜びを分かち合う幸せ。
a0155525_21111127.jpg


苦しいことの後には、こんなご褒美が待っていて、
a0155525_212577.jpg


目の前には、見たことのない世界が広がる。
a0155525_21262495.jpg


今見えている空が、宇宙に繋がっていることを感じながら、
a0155525_21583611.jpg


轍のない道の先には、
a0155525_21232732.jpg


どこまでも続く、花の絨毯。
a0155525_21282983.jpg


ハーブの香りを胸いっぱいに吸い込みながら、いくつもの丘を越え
a0155525_2131967.jpg


たどり着いたのは、風にゆれる花に囲まれた小さな湖。
a0155525_21324267.jpg


そして今夜も、風の音しか聞こえないこの湖を、天の川が照らすのだろう。
a0155525_21341453.jpg





やはりこの地は、旅を愛するオートバイ乗りにとっての天国なんだと思う。
a0155525_21395629.jpg

[PR]
# by sueji99 | 2014-07-27 21:45 | Bike

モンゴルへ

a0155525_177487.jpg

しばらくの間、モンゴルの草原を走ってきます。
[PR]
# by sueji99 | 2014-07-19 21:17 | Bike

武庫一の大サバ Part3 & ガシリング

心配された台風8号の影響も余りないという情報なので、またまた武庫一に行ってきました。

朝一の船で渡り、まずはガシリング。
ガシラ(カサゴ)をルアーで狙います。

ここ一週間ほど、台風接近のため渡船が欠航していたので、
その間一文字に上がっている人はいない訳でして・・・

て、ことは誰にも釣られていないガシラが、一文字のケーソンの継ぎ目にたくさん居るに違いない!と思ったわけです。

予想は的中。
オンスタックルのマゴバチ(ピンクグリッター)を、針にチョイっと掛けたダウンショットリグを継ぎ目に沿って落としていくだけで、コンコン当たってきます。

コツッと来たら、完全に吸い込むまで一呼吸おいて合わせると、ほぼ100%の確率でフッキングします。
a0155525_15255497.jpg


棚は上層なので、ちょっと落として巻き上げていくだけでポンポン釣れる、とっても効率の良い釣りです。
a0155525_15291195.jpg


サイズは、最大で19cmと小振りサイズですが、AM5:00~6:00の1時間で20匹くらい釣ったでしょうか。
オチビさんはリリースして、8匹キープで終了~。
a0155525_153012.jpg



そうこうしているうちに、外向きサビキで大サバを狙っていた方に、待望のアタリがあったようです。
台風前は、もう大サバの群れが離れていっちゃったかな?って感じの状態でしたが、まだ居るようですね。

こんなこともあろうかと、持って来ていたサビキをいそいそとセットして、さあ1投目。
誘いを掛けながら流していると、
ウキがズボッ!と入って、横に走り出します。これは間違いなく大サバの当たり。

a0155525_153493.jpg

なんと、1投目から釣れちゃいました。
今日は、なかなかの省エネフィッシングです。(笑)

この後、AM8:00までの間に3匹追加して、早々にストップフィッシング。
もう居ないだろうなーと、思っていた大サバでしたが、結果的にはこの3回の釣行で一番の大漁。
a0155525_15372869.jpg


これだから、釣りは面白いねー。





<追記>

今夜ガシラは、絶品アクアパッツアになりました。
a0155525_2255867.jpg


マジウマカッタ。
マタツクロット。
[PR]
# by sueji99 | 2014-07-13 15:45 | Fishing